NEWS
2021年01月11日 16時12分 JST

失敗したくないセーターの洗濯...。汚れをきちんと落とし、形崩れや毛玉を防ぐコツとは

家事のプロに聞く、失敗しないテクニック。

ウェザーニュース

冬に欠かせないセーターを自宅で洗濯するとき、きちんと汚れが落とせるか、色落ちや縮みなどしないか心配です。家事のプロに失敗しないテクニックを教えていただきます。

失敗をなくすためには洗濯前も大事

何度か着たセーターはホコリや皮脂などの汚れ、においが気になるので、なるべく洗いたいものです。しかし、セーターの洗濯は生地の傷みや色落ちなど失敗することもあります。

全国で家事代行サービスなどを展開するカジタク・サプライヤチームの鈴木健吾さんにポイントを教えていただきます。

「まずは、セーターが洗濯できるものかどうかチェックしましょう。タグなどの洗濯表示を見て、水洗いがOKのものなら自宅で洗えます」(鈴木さん)

【自宅で洗濯できないセーター】
・ドライクリーニング不可
・素材がアセテート、シルク、キュプラ、レーヨン
・繊細な装飾が施されている

「洗えるものでも色落ちが心配な場合は、目立たないところにおしゃれ着用の中性洗剤をつけ、しばらく置いてから白いタオルでこすってみましょう。タオルに色移りするようならば、クリーニングに出すのが無難です」(鈴木さん)

洗濯機で洗う方法

洗濯機の「ドライコース」「手洗いコース」と、実際の手洗いの使い分けはあるのでしょうか?

「お気に入り度やデリケート具合で使い分けるといいでしょう。例えば、シンプルな作りの普段使いのセーターは洗濯機で洗い、お出かけ用は手洗い、などです」(鈴木さん)

洗濯機で使うのは、おしゃれ着用中性洗剤、柔軟剤、洗濯用ネットです。

「洗濯用ネットは、セーターにぴったり合ったサイズのものを選びましょう。襟や袖口など、汚れの気になる場所が外になるようたたんで入れることがポイントです。ボタンがついているセーターは、ボタンを留めて裏返してたたみます。

おしゃれ着用の中性洗剤、柔軟剤をそれぞれ適量入れ、『ドライコース』『手洗いコース』などで、洗濯します。セーターの縮みや毛玉を防ぐため、脱水時間は1分以内、できるだけ短くしましょう」(鈴木さん)

手洗いの方法

手洗いの場合、洗濯ネット、洗い桶(洗面ボウルでも可)、おしゃれ着用の中性洗剤、柔軟剤を使うことになります。

「手洗いでもセーターは洗濯ネットを使います。洗い桶(洗面ボウル)に水を張り、おしゃれ着用の中性洗剤を適量溶かします。セーターを浸して、優しく押し洗いします。こすったりもみ洗いすると縮みや毛玉の原因となるので厳禁です。汚れが気になる場合は、10分程度つけ洗いしましょう。

その後、水を換えながら数回すすぎ、最後のすすぎで柔軟剤を入れます。脱水は、乾いたバスタオルでセーターを挟み、タオルドライします」(鈴木さん)

乾かし方にもポイントがあります。

「生地の傷みを防ぐため、直射日光は避けて日陰に平干ししましょう。乾燥機は便利ですが、型崩れや毛玉の原因になります。ハンガーも跡がついたり、生地の重みでセーターが伸びたりするので避けます。『平干し用のネット』は市販されていますが、ない場合はソファーの背もたれやお風呂の蓋にタオルを敷いて広げます。ピンチハンガーの上に広げるのも乾きやすいです」(鈴木さん)

冬でも暖かに過ごすために欠かせないセーター、汚れもなく、気持ちよく着られるといいですね。
» ウェザーニュース記事一覧

参考資料など