PROJECT
2021年04月01日 10時20分 JST

LINE問題でにわかに注目、中国「国家情報法」とは?日本語で条文を読んでみた【音声限定】

LINEの出澤剛社長も記者会見で、存在を把握しながら「潮目の変化を見落とした」と認めた法律の一つ。

LINEに登録した電話番号やメールアドレスなどが、中国の技術者から閲覧可能だった問題で、にわかに注目されているのが「国家情報法」です。

中国で2017年に施行された法律で、よくメディアでは「民間企業や個人に、諜報活動への協力を義務付ける〜」などと説明されます。

LINEの出澤剛社長も記者会見で、存在を把握しながら「潮目の変化を見落とした」と認めた法律の一つ。一体、どんな内容なのか?条文を日本語訳しながら紐解いていきます。

ハフポスト日本版では、「予習なし、聴くだけで中国ニュースが分かる」を目指す音声番組「#ハフちゃいな」を配信しています。
毎週3回、最新の中国ニュースを5分程度で担当記者が解説します。中国語や中国に関する予備知識は一切必要ありません。Spotifynoteなどでお聴きいただけます。

番組が目指すビジョンはこちら