NEWS
2021年04月20日 12時26分 JST | 更新 2021年04月20日 18時30分 JST

伊藤詩織さんと元東大特任准教授・大澤昇平さんの訴訟が結審。伊藤さんを「偽名」とツイート

Twitterでの投稿が名誉を毀損しているとして、伊藤詩織さんが大澤昇平さんに対し慰謝料などの損害賠償を求めた民事訴訟が結審した。

Jun Tsuboike / HuffPost Japan
伊藤詩織さん=2021年4月20日

ジャーナリストの伊藤詩織さんが、Twitterで伊藤さんを「偽名」だと中傷する投稿を行ったとして元東京大学大学院特任准教授の大澤昇平さんに対し、慰謝料など110万円の損害賠償を求めている民事訴訟が4月20日、東京地裁(藤澤裕介裁判長)で結審した。判決は7月6日に言い渡される。

 

どんな裁判なのか

大澤さんは2020年6月、「伊藤詩織って偽名じゃねーか!」とTwitterに投稿。ツイートには、「伊藤詩織」を通名とする外国人とみられる人物が破産に至ったことを示す官報公告の画像を添付し、「#性行為強要」などのハッシュタグが添えられていた。

訴状によると、伊藤さん側は「破産開始決定を受けたことはなく、本件ツイートの摘示する事実は真実ではありません」と指摘。伊藤さん側は訴状で、自らの名前は本名で「別の名前はありません」とツイート内容を否定し、ツイートが伊藤さんの名誉を毀損しているとして、慰謝料や投稿の削除を求めている。

4月20日、伊藤さんは意見陳述を行い、「恐怖を感じることなく安心して、道を歩ける日常を望んでいます」と訴えた。

一方、大澤さんは請求棄却を求めている。大澤さんは出廷せず、代理人は閉廷後の取材に応じなかった。伊藤さんの代理人によると、大澤さん側は、伊藤さんと同姓同名の人物もいるため、ツイートが伊藤さんのことを指しているとは限らないなどと反論しているという。

ハフポスト日本版は、大澤さんと、大澤さんの代理人に取材を申し込んでいる。回答があり次第、追記する。

 

【Update 2021/04/20 18:30】大澤さんの代理人は、ハフポスト日本版が申し込んでいた取材について、「守秘義務のため個別案件の取材には答えられない」と返答した。