itoshiori

一審判決は伊藤詩織さんの主張を認め、性行為に合意がなかったと認定。山口さんに慰謝料など約330万円の支払いを命じた。
「この判決がネットの誹謗中傷をなくすための一歩となることを心から願っています」。名誉毀損裁判の判決後、伊藤詩織さんが会見を開きました。
伊藤詩織さんがTwitterで名誉を毀損されたとして、投稿者に損害賠償を求めた裁判。そのうちの一つの裁判で判決が出ました。
Twitterでの投稿が名誉を毀損しているとして、伊藤詩織さんが大澤昇平さんに対し慰謝料などの損害賠償を求めた民事訴訟が結審した。
この日の口頭弁論では伊藤詩織さんのみが出廷。被告のはすみさんは請求棄却を求めた。
ツイートは虚偽の内容で、伊藤詩織さんの名誉を毀損しているとして、慰謝料110万円と投稿の削除を求めている。
「ただ『男性が女性に欲情し道を踏み外した』ということが、男性社会の尺度から見ると、『女性が政治や社会を混乱に導いた』ことになっていく。そうやって『悪女』が作られてきた」
「卓越したアスリートとしてのパフォーマンスをもって、こんなにも美しく物語を揺り動かしたことに感銘を受けた」