hibochusho

ドラマ『アノニマス』で主演を務める香取慎吾さん。新しい地図をはじめて約3年。ネットの誹謗中傷が社会問題となる中、SNSとどう向き合っているのか、話を聞いた。
「おじさん」は、「実は今高校1年生の息子が小学4年生だった時、同じようなことを言われた経験があるんです」と明かした
プロレスラー・木村花さんへの中傷が相次ぎ、その後死去したことなどを受け設置された有識者会議が、提言書をヤフー側に渡していた。
ネット上の誹謗中傷に苦しむ被害者の精神的なケアに取り組むことを明記している
YouTubeは12月3日(現地時間)、ネット上でのいじめに繋がる、悪意のある表現や不快に感じるコメントを排除するための新機能を導入すると発表しました。
「まだ生きてるの?」...妹の小林麻央さんが亡くなった直後にも浴びせられた中傷の言葉。「本当、死にたいなと思ったくらい、それくらい(自分を)追い詰める」などと自身の経験を語った。
9月29日に出演した『とくダネ!』でのコメントに多くの共感が寄せられている。
元東大准教授の大澤昇平さんに対しても、伊藤さんを「偽名」だと虚偽の内容で中傷する投稿を行ったなどとして同日提訴。杉田議員は過去のインタビューで「伊藤さんを貶めるつもりはなかった」と語っていた。
歓迎や期待する声が相次ぐ一方で、「デマが修正できないかもしれないのは困る」と懸念する人たちもいました。