WORLD
2021年05月09日 13時29分 JST

中国ロケット残骸、インド洋に落下との情報。アメリカ軍運用のサイトは「Good night!」

ロケットはモルディブ北部のインド洋に落下したと発表。「今回の再突入に関してはこれが全てだ。世界中のフォロワーに感謝します。おやすみ!」とした。

EPA=時事
長征5号B

中国のロケット「長征5号B」の残骸が地表に落下する恐れが指摘されていた問題で、アメリカ軍が運用する「Space Track」は「ロケットは落下した」とツイートした。

Space Trackはツイートで、ロケットはモルディブ北部のインド洋に落下したと発表。「今回の再突入に関してはこれが全てだ。世界中のフォロワーに感謝します。おやすみ!」とした。

一方、中国メディアは宇宙当局の発表として、日本時間の午前11時24分に残骸が大気圏に再突入したと報道。大部分は燃え尽きたとし、落下地点はインド洋だとした。

長征5号Bは、中国独自の宇宙ステーション建設のため、4月29日に打ち上げられていた。