NEWS
2021年05月16日 16時19分 JST

近畿、東海が梅雨入り 近畿は統計史上最も早く

東海も統計史上2番目に早い梅雨入りとなります。

ウェザーニュース

2021/05/16 11:01 ウェザーニュース

今日5月16日(日)11時、気象台は近畿地方、東海地方が梅雨入りしたとみられると発表しました。

近畿では平年より21日も早く、統計史上最も早い梅雨入り。東海も平年より21日早く、こちらは統計史上2番目に早い梅雨入りとなります。

昨日発表された九州北部、中国、四国に続き、平年より大幅に早い梅雨入りとなりました。

» この先の天候 長期見解

近畿は10年ぶりに最も早い記録を更新

ウェザーニュース
各地の梅雨入り日

近畿では、これまでで最も早く梅雨入りしたのは1956年と2011年の5月22日ごろ。今年はそれよりも6日ほど早い梅雨入りとなり、最も早い梅雨入りの記録を更新。

東海では、これまでで最も早く梅雨入りしたのは1963年の5月4日ごろでした。次に早く梅雨入りしたのは1956年と2011年の5月22日ごろなので、統計史上2番目に早い梅雨入りとなります。

▼気象庁の発表
近畿地方の梅雨入り
 平年より21日早く、昨年より25日早い

東海地方の梅雨入り
 平年より21日早く、昨年より25日早い

・梅雨入りには平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。
・春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討の結果、期日が見直しされる場合があります。

この先の天気予報

ウェザーニュース
この先10日間の天気・気温

近畿や東海ではこの先も梅雨前線が停滞しやすく、湿った空気の影響を受けるため、曇りや雨の日が多くなるとみられます。

特に週明けにかけては低気圧や前線の通過が予想されています。まだ5月だからといって油断せず、本格的な雨の季節への対策を早めに進めるようにしてください。

» GPS検索 ピンポイント週間天気予報

関東などでも梅雨のはしり

関東などそのほかのエリアでも、週末以降は曇りや雨の日が多く、梅雨のはしりのような天気が続きます。平年の梅雨入りは6月上旬から中旬ですが、湿った空気の影響を受けやすくなるこれからの時期は、梅雨入り前であっても大雨となる可能性があります。日々の天気予報をお役立てください。

» 各地の梅雨入り・梅雨明け日

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿) 必撮仕事人📸 さん

【関連記事】