「本当に開催したかった形ではない」著名な国際政治学者、東京オリンピックに“同情”を示す

イアン・ブレマー氏はオリンピックについて「日本の皆様や準備を続けてきたアスリートたちに同情します。これは本当に開催したかった形のオリンピックではありません」

著名な国際政治学者のイアン・ブレマー氏は日本時間の5月30日、東京オリンピックの開催について、日本の新型コロナウイルスワクチンの接種状況などから「中止になる可能性は高い」と考えを示した上で、日本の関係者らに「これは本当に開催したい形のオリンピックではありません」と話した。

イアン・ブレマー氏と菅義偉首相
イアン・ブレマー氏と菅義偉首相
Getty Images

イアン・ブレマー氏は国際政治学者で、コンサルティング会社ユーラシア・グループの代表。自身が提唱する「Gゼロ(主導国なし)」を冠する「Gゼロメディア」で東京オリンピックに関する自身の考えを述べた。

ブレマー氏はまず、菅義偉首相が「中止の権限はIOC(国際オリンピック委員会)にある」と話したことについて「首相には主権があります。彼が中止したいといえばそうなるでしょう。しかし、政治的にも経済的にも支払うコストが大きいことは明らかです」とした。

そして、「ワクチンの接種状況において、日本が他の先進国と比べ、どれだけ遅れをとっているかは本当に驚くべき状況です」とし、「私は未だに中止の可能性が高いと考えてはいますが、最後まで予断を許さないでしょう」と話した。

最後には、「日本の皆様や準備を続けてきたアスリートたちに同情します。これは本当に開催したかった形のオリンピックではありません」と締めくくった。