WORLD
2021年05月31日 17時07分 JST

中国、子ども3人まで産めるように制限を緩和へ。少子高齢化の深刻さ影響か

中国は一人っ子政策が2016年に終了し、原則2人までの子どもが容認された。しかし、出生数の低減に歯止めがかからず、少子高齢化は社会問題となっていた。

Barcroft Media via Getty Images
イメージ

中国の国営通信・新華社は5月31日、中央政治局会議で、一組の夫婦がもうける子供の数を2人から3人まで緩和する方針が示されたと伝えた。

中国は一人っ子政策が2016年に終了し、原則2人までの子どもが容認された。しかし、出生数の低減に歯止めがかからず、少子高齢化は社会問題となっていた。