NEWS
2021年06月24日 11時12分 JST

今夜は満月「ストロベリームーン」 空を見上げてみよう。今夜のお天気は?

6月の満月「ストロベリームーン(苺月)」の由来とは?

ウェザーニュース
2021/06/24 06:40 ウェザーニュース

今夜昇ってくるお月さまは、明日6月25日(金)未明に満月の瞬間を迎えます。

▶満月の日時:25日(金)3時40分

今夜の天気は

今夜〜明日25日(金)早朝にかけても、寒冷渦の影響で全国的に大気の状態が不安定です。そのため、広いエリアで雲の間からチャンスを伺うことになります。遅い時間ほど雲が取れやすくなるので、満月が顔を出すタイミングが多くなります。

福岡など日本海側の一部は、晴れてバッチリ見られるところがありそうです。
>>ここの夜の天気は?GPS検索

6月の満月、英語で“Strawberry Moon”

 

ウェザーニュース
各月ごとの満月の名称

アメリカの先住民は季節を把握するために、各月に見られる満月に名前を、動物や植物、季節のイベントなど実に様々につけていました。

6月は“Strawberry Moon(苺月)”といわれています。

昇りたてのお月さまはイチゴのように赤っぽい色に見えますが、これはこの時期特有のことではありません。夕焼けが赤く見えるのと同じ原理です。月が空高く昇ると、白っぽい輝きになります。

現象おさらい 満月とは 

ウェザーニュース
月に満ち欠け

月は自ら光っているわけではなく、太陽の光を反射することで輝いて見えています。

そして、太陽の光が当たっている月面の半球が地球から見てどちらを向いているかによって、三日月や上弦、満月、下弦など、見かけ上の形が変わります。

月から見た太陽の方向を基準に、黄経差が0度の瞬間が朔(新月)、90度の瞬間が上弦(半月)、180度の瞬間が望(満月)、270度の瞬間が下弦(半月)と定義されています。

つまり満月は、地球から見て太陽と月が正反対の方向にならぶ瞬間(太陽、地球、月の順に一直線にならぶ瞬間)を指します。
>>お天気ニュース 記事一覧

 

【関連記事】