【MLBオールスター】大谷翔平選手と菊池雄星選手の2人が持った“ある物”に大反響。「エモすぎる」の声(写真)

大谷翔平選手が所属するロサンゼルス・エンゼルスがTwitterで紹介した“ある物”とは。
ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手とシアトル・マリナーズ菊池雄星投手
ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手とシアトル・マリナーズ菊池雄星投手
Getty Images

共にMLBオールスターゲームに初選出されたロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手とシアトル・マリナーズの菊池雄星投手のツーショットに、注目が集まっている。

エンゼルスが日本時間の7月14日にTwitterで公開した写真に映っていた「ある物」に対し、日本の野球ファンから多くの反響が寄せられた。いったい、何だったのか。

「きっと宝物になる」

大谷選手と菊池投手は、共に岩手県の花巻東高校出身。

高校時代はともにプレーをすることはなかった2人。オールスターではアメリカンリーグで1日限りの“チームメイト”になった。

菊池投手は直前で出場メンバーからは外れたが、試合中もベンチでは2人が同じ時を過ごしていた。

同じ高校出身の日本人選手2人がMLBオールスターに同時に選出されるのは、花巻東高校が史上初となる快挙だった。

エンゼルスが公開した写真には、2人がそれぞれのサインを入れた花巻東高校野球部のユニホームを手に持つ姿があった。ユニホームをよく見ると「花巻から世界へ」とメッセージが記されていた。

NHKBS1の放送でもこの写真の話題が紹介された。解説を担当した斎藤隆さんは「宝物になりますね」と話していた。

エンゼルスのTwitterには「きっと宝物になる」「何これエモすぎるよ」「岩手の誇りです」「同じ高校からメジャーの夢舞台に。しかも2人同時に。改めてすごい」などと様々な声が寄せられた。