NEWS
2021年07月17日 09時58分 JST

広い範囲で厳しい暑さ。京都府では初の「熱中症警戒アラート」

熱中症警戒アラートは、京都府、宮城県、鳥取県、新潟県、石川県に発表されました。

ウェザーニュース

環境省と気象庁は、今日17日(土)を対象として熱中症警戒アラートを、京都府、宮城県、鳥取県、新潟県、石川県に発表しました。

今日も広範囲で厳しい暑さとなります。熱中症に警戒をしてください。

また、今年に入って全国での本運用が始まって以降、京都府で発表されたのは初めてとなります。

猛暑日に迫る暑さに 万全の熱中症対策を

今日17日(土)は夏の太平洋高気圧が勢力を広げ、北日本から東日本を覆ってきます。暖かな風が山をこえてフェーン現象となるため、新潟市で32℃、金沢市で32℃、京都府で33℃、内陸部では35℃以上の猛暑日になる所もある予想です。

熱中症警戒アラートの発表があったところでは、湿度も高く蒸し暑くなります。暑さ指数(WBGT)が上がり、熱中症の危険性が非常に高くなるところがあるので、こまめな水分補給・塩分補給を行うなどの対策をしっかりと行ってください。

>>1時間ごとの気温を確認

熱中症警戒アラートとは?

熱中症警戒アラートは、予想される暑さ指数(WBGT)に応じて発表される情報で、これまでの高温注意情報を置き換えるものです。昨年は関東甲信の1都8県を対象に熱中症警戒アラート(試行)として運用されていましたが、今年から全国で本運用が始まりました。

>>関連記事 全国で熱中症警戒アラートが運用開始

暑さ指数(WBGT)とは?

暑さ指数(WBGT)は国際的に用いられる指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい湿度、日射・輻射など周辺の熱環境、気温の3つの要素から計算されています。

熱中症患者発生率との相関が気温よりも良好で、暑さ指数が「厳重警戒」ランク以上だと熱中症患者が著しく増加することがわかっています。また、暑さ指数が「危険」ランクの場合は運動は原則中止すべきとされています。

環境省と気象庁は今年から一部地域で、暑さ指数が「危険」ランクの中でもさらに重要度の高い暑さ(WBGT:33以上)が予想される場合に「熱中症警戒アラート」を発表することを決めています。

>>熱中症情報を詳しくアプリで見る

【関連記事】