来週にかけて、災害級の大雨に厳重警戒を【週間天気】

この先1週間、暑さは和らぎ、最高気温が35℃以上の猛暑日が続出するような極端な暑さにはならない見込みです。
2021/08/14 05:50 ウェザーニュース
2021/08/14 05:50 ウェザーニュース
ウェザーニュース

■この先1週間のポイント

・来週にかけて大雨災害に厳重警戒
・いつまで続くかは高気圧の勢力次第
・猛暑からはいったん脱出

来週にかけて大雨災害に厳重警戒

予想積算降水量 17日(火)朝まで
予想積算降水量 17日(火)朝まで
ウェザーニュース

西日本や東日本に停滞する秋雨前線の活動が活発になり、来週にかけて広い範囲で雨が降ります。

特に西日本や北陸、東海、甲信などで大雨に厳重な警戒が必要です。

南西から暖かく湿った空気が流れ込むため、来週のはじめにかけて断続的に強い雨が降り続くと予想されています。これまでの雨量が800mmを超えているところがあり、そこに来週にかけてさらに500mm前後の大雨が予想されている状況です。

大規模で多発的な土砂災害や河川氾濫による洪水などが発生する危険性が非常に高まります。自分は大丈夫と過信せず、早めに適切な避難行動をとるようにしてください。
>>詳しい大雨による影響予測〔会員メニュー〕

いつまで続くかは高気圧の勢力次第

週間予想天気図 15日(日)~20日(金)
週間予想天気図 15日(日)~20日(金)
ウェザーニュース

秋雨前線は週の中頃まで西日本や東日本付近に停滞して活発化する可能性が高くなっています。週の後半にかけては南側の太平洋高気圧の勢力が強まれば、位置が北上して活動が弱まる可能性があります。

この高気圧の勢力次第で大雨がいつまで続くかが変わります。また、状況次第では東北などでも大雨となるおそれがあるので、随時最新の気象情報を確認するようにしてください。
>>10日先までの天気・気温(無料)

猛暑からはいったん脱出

この先一週間、昼間は30℃前後まで気温の上がる日がありますが、最高気温が35℃以上の猛暑日が続出するような極端な暑さにはならない見込みです。

雨で窓を閉め切ることも多いかと思いますが、屋内でも適切なエアコンの使用や塩分・水分補給など熱中症対策を心がけてください。
>>この先の天気・気温をアプリで見る


【関連記事】