アートとカルチャー
2021年09月26日 10時33分 JST

実写版『カウボーイビバップ』OP映像が話題。原作リスペクト、日本語の“弾幕”に「こんな風に見えていたんだ...」の声も

原作へのリスペクトを感じさせる内容。「日本語」が弾幕のように流れる演出も...!

11月にNetflixで配信される人気アニメ『カウボーイビバップ』の実写ドラマ版。そのオープニングクレジット映像が9月26日、公開された。菅野よう子さんが手掛けた原作の象徴的なオープニング曲がそのまま採用され、話題になっている。

気になる映像の内容はこちら。

 

「原作へのリスペクト」を感じる映像に 

実写版のオープニングクレジット映像では、原作を象徴する菅野よう子さんの名曲『Tank!』を採用。原作へのリスペクトを感じさせる内容だ。

原作は英文の“弾幕”を背景にスパイクやジェット、フェイが映し出されるが、実写版の映像でも同じ構成となっている。英文は「日本語」に変わっており、ネット上で話題となっている。

スタイリッシュな演出を採用したオープニング映像は高い評価を受けているが、英文が流れる演出について、「英語圏の人からはこう見えていたんだ...」と振り返るコメントもあった。

 

「カウボーイビバップ」とは? 実写化発表は2017年

「カウボーイビバップ」は、1998年に放送された人気アニメ。

“カウボーイ”と呼ばれる3人の賞金稼ぎが、宇宙を舞台に大乱戦を繰り広げるというストーリーだ。ハードボイルドな作風が特徴で、今なお根強い人気を誇る。

実写化が発表されたのは2017年6月。その後2018年にNetflixでの製作が発表された。2021年11月19日に配信が予定されている。

主人公のスパイク・スピーゲルをジョン・チョーさん、ジェット・ブラックをムスタファ・シャキールさん、フェイ・ヴァレンタインをダニエラ・ピネダさんが演じる。

GEOFFREY SHORTGEOFFREY SHORT/NETFLIX
COWBOY BEBOP (L to R) JOHN CHO as SPIKE SPIEGEL, MUSTAFA SHAKIR as JET BLACK, DANIELLA PINEDA as FAYE VALENTINE and EIN in Cowboy Bebop Cr. GEOFFREY SHORT/NETFLIX © 2021
KIRSTY GRIFFINKIRSTY GRIFFIN/NETFLIX
主人公のスパイク