アートとカルチャー
2021年11月15日 10時24分 JST

俳優・杏さん、YouTubeで披露した歌声が絶賛される。「聴き入ってしまう」と話題に【動画】

杏さんが初投稿に選んだ、記念すべき1曲は?

時事通信社
俳優の杏さん

俳優の杏さんが11月14日、YouTubeとインスタグラムを開設した。YouTubeの1本目の動画として投稿された動画では弾き語りが披露され、その歌声に反響が寄せられている。

杏さんが選んだ、記念すべき1曲は?

杏さんは、YouTubeチャンネルの概要欄で「杏です。 何か、色々楽しいこと、やってみます」と紹介。記念すべき1本目の投稿はギターの弾き語りだった。

白い壁を背景に、全身黒のラフなスタイルでアコースティックギターを構えた杏さん。まもなく披露したのは、ハンバートハンバート(佐藤良成さんが作詞・作曲)の「長いこと待っていたんだ」という楽曲。

「この歌を歌うとわくわくします」と選曲理由を明かしていた。

杏さんの動画に対し、Twitterでは「心地よくて、とても心が落ち着きます」「透き通るような声で聴き入ってしまいます」と歌声を称賛する声のほか、「同じ1人の女性として憧れです!」とのコメントが寄せられた。

杏さんは現在放送中の日曜劇場『日本沈没─希望の人─』(TBS)で報道記者の椎名実梨役を演じている。

「命を捨てないように」。コロナ禍でも歌で訴えていたこと

杏さんが歌声を披露するのは、実は今回が初めてではない。新型コロナウイルスの感染拡大が広がり、緊急事態宣言が発出されていた2020年4月には所属事務所のYouTubeチャンネルで弾き語りをしていた

当時、弾き語りで披露したのはフォークシンガー加川良さんの『教訓1』という曲で、「命はひとつ 人生は1回 だから 命を 捨てないようにね」などという歌詞とともに、平和への願いが込められた曲だった。