新垣結衣さん・神木隆之介さんが出演、「おばけずかん」映画化。監督は山崎貴さん

原作の「おばけずかん」シリーズは、「大人が知らないベストセラー」として知られ、全国の小学校の図書室で人気でなかなか借りられないという。
神木隆之介さんと新垣結衣さん
神木隆之介さんと新垣結衣さん
時事通信フォト

新垣結衣・神木隆之介が出演、山崎貴監督最新作は小学生に大人気「おばけずかん」映画化

俳優の新垣結衣、神木隆之介が、山崎貴監督最新作『GHOSTBOOK おばけずかん』(2022年7月22日公開)に出演することが明らかになった。原作は、「大人が知らないベストセラー」として知られ、全国の小学校の図書室で人気でなかなか借りられないという、「おばけずかん」シリーズ(作:斉藤洋、絵:宮本えつよし/講談社)。新垣は、『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(2018年)以来、4年ぶりの映画出演で、ひょんなことから子どもたちとともに不思議な世界へと迷い込んでしまう新米教師・葉山瑤子役を演じる。

『ALWAYS 三丁目の夕日』で懐かしい昭和の風景を、『DESTINY 鎌倉ものがたり』で妖しくも美しい黄泉の国を圧倒的なVFXで映像化した山崎監督が、本作で描くのは、“どんな願い事も叶えてくれる一冊の本=おばけずかん”を手に入れた子どもたちを待ち受ける、数々の試練、新たな出会い、そして別れ――。圧倒的なVFXで映像化された「ゴーストブックの世界」を舞台に、「子どもたち」と「巻き込まれた先生」が願いを叶えるため、異世界でさまざまなおばけたち相手に大冒険を繰り広げる。

映画『BALLAD 名もなき恋のうた』(09年)以来、2度目の山崎組への参加となった新垣は、「現場では、よく虫を捕まえていたり他愛もないおふざけをしたり、どのキャストより子どもらしく感じられる瞬間もありました。そんな方だからなのか、山崎さんの作品ではいつも子どもの心情が印象的に描かれているような気がします。今作でもスクリーンで皆がどんな表情を見せてくれているのかとても楽しみにしています」と、山崎監督の人柄への信頼を語っている。

弱冠28歳にして25年以上のキャリアを誇る神木は、山崎組初参加。「願い事」と引き換えに、子どもたちに「おばけずかんの試練」を与える古本屋の謎の店主役を演じた。メインキャストの子どもたちを演技面でも支え、「次世代を担っていく子どもたちと共演して、彼らが映画を通して何かに向かって挑戦していくパワーをすごく感じることができましたし、僕もたくさん刺激を受けました。子どもたちが成長するスピードは早いので、映画の中でも彼らが成長していく姿をみるのが今から楽しみです」と、コメント。『千と千尋の神隠し』『君の名は。』など、アニメーション作品への声の出演でも多くの実績を誇る神木は、本作のティザー映像のナレーションも担当している。

メインキャストは4人の子どもたちで、500人以上の中からオーディションで選ばれた。「おばけずかん」を手に入れたことで、おばけの住む不思議な世界へと迷い込んでしまう少年・一樹(いつき)を演じるのは、2018年カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した是枝裕和監督の『万引き家族』で、主人公一家の息子役を演じて大きな注目を集めた城桧吏(じょう・かいり)。実写映画『約束のネバーランド』や『都会のトム&ソーヤ』など、話題作への出演も相次いでいる城が、気弱だが、願いごとを叶えるためにあきらめずに奮闘するまっすぐな少年を演じた。

一樹と共に不思議な世界へ迷い込んでしまう仲間の一人である少年・太一(たいち)を演じるのは、昨年放送のドラマ『テセウスの船』で主人公を翻ろうする少年を演じ、その鬼気迫る演技が一躍話題となった柴崎楓雅(しばさき・ふうが)。本作ではオールマイティーだが、大人に心を許していない毒舌キャラに挑んだ。

もう一人の仲間、友達にも近所のお年寄りにも愛される少年サニー役でサニーマックレンドン。不思議な世界で一樹たちが再会する同級生の女の子・湊役で吉村文香(よしむら・あやか)が出演。2人は初演技ながら山崎監督に見出され、ともに映画デビューを果たす。

山崎監督は「ほぼ全編に渡って異世界の話で、しかもおばけたちはCGキャラクターなので、何もないところを相手に演技しなければならないシーンも多く、キャストもスタッフも大変だったと思いますが、みんな本当によく頑張ってくれました。AIも導入した最新VFXを駆使して贈る『おばけずかんの世界』を楽しみにしていて下さい」と、コメントしている。

【関連記事】