WORLD
2021年12月06日 15時50分 JST

雪山から救出される「一匹の羊」。男性が諦めずに手を伸ばして助ける姿が胸を打つ。その後はどうなった?【動画】

農場は60時間にわたって停電。吹雪が吹き荒れる中での救出劇は壮絶なものでした。

Herdwicks of Highfields FarmのTwitterより
救出された羊

吹雪が吹き荒れる中での救出劇だった。

イギリス・オーンコートの農場がTwitterで発信したある映像に注目が集まっている。動画は、1人の男性がこんもりと積もった雪山を前に、体ごと突っ込んでいくところから始まる。いったい何が起きていたのか。

雪山から出てきたのは...

動画を投稿したのは「Herdwicks of Highfields Farm」

11月30日に「Digging out #StormARWEN(掘り出す)」と文言が添えられ投稿された動画は、長さにして30秒程度のものだった。吹雪の中、雪山と対峙する経営者の男性のすぐそばには複数の羊がいる。

動画が始まってまもなくすると、雪山の穴の中から一匹の羊が顔を出した。

 「Come on!Come on!(来い!来い!)」と男性が羊に呼びかけるも、なかなか羊は中から出てこない。吹雪はより強まっているようにも見える。

だがその直後、無事に羊は救出された。羊の体には雪のかたまりが幾つも付いていた。

BBCの報道によると、大雪の中で約50頭の行方がわからなくなったが、数時間で無事に全頭見つかったという。

羊を救出した経営者の男性の話によれば、農場は約62時間にわたって停電していたという。

救出された羊について、Twitterでは「無事に助け出されて良かった」「毛が暖かくて良かったね」などとコメントが寄せられた。

羊たちのその後は?

農場のTwitterは12月4日、その後の羊たちの様子を写真付きで投稿。

「The calm after the storm...(嵐が去った後の穏やかさ...)」とコメントを添え、嵐が去った後の元気な羊の姿を報告していた。