oyuki

低気圧の動きが遅く同じような気圧配置が続くため、特定のエリアに雪雲がかかり続ける可能性もあるため注意が必要です。
東京都心などで雪の積もりはじめるタイミングが遅れると見られ、大雪の影響は夜が中心になる見込みです。
急激な積雪増加で路面状況の悪化するおそれがあります。車での外出はできるだけ控え、やむを得ない場合も冬用タイヤやチェーンなどの装備が必須です。
関東甲信地方の広い範囲で、2月10日から11日にかけて雪や雨が降る見込みです。
今のところはまだ予測の幅が大きいため、随時新しい天気予報をご確認ください。
週明けにかけて全国的に厳しい寒さとなり、日本海側の地域では大雪のおそれがあります
12月30日から1月1日ごろにかけて、日本海側を中心に大雪のおそれがあります。積雪の深さや高速道路の状況の調べ方もまとめました。
記録的な大雪となった滋賀県彦根市。「幻想的でとっても日本らしい」「これは美しすぎます!」と反響を呼んでいます。
「大雪は例年2月ごろで、どか雪が12月にあるのは珍しい。もうしばらくは落ち着いてほしい」と願う声も。鳥取県智頭町の積雪量は12月としては最大値だといいます。
彦根市では午前5時までの24時間降雪量が観測史上最多の68センチとなった。