ラグビー・姫野和樹選手がトンガに恩返しを呼びかけ。大規模噴火で無事を祈るツイート

姫野和樹選手は「本当にトンガの方々がどうかご無事でありますように」とつづっています。
姫野和樹選手(2019年9月撮影)
姫野和樹選手(2019年9月撮影)
時事通信社

南太平洋のトンガ付近で1月15日に発生した大規模な噴火を受け、ラグビー日本代表の姫野和樹選手(トヨタ自動車)が16日夜、自身のTwitterで「私たちが被災した際には、トンガから義援金など食料などサポートしてくれました。 今度は僕たちが様々な形で恩を返しましょう」と呼びかけた。

姫野選手は、トンガの試合前の戦いの儀式「シピタウ」を収めた動画を掲載した日本ラグビー協会のツイートを引用する形で、「僕には世界中にトンガ人の友達がたくさんいます。 日本でプレーしている選手もたくさんいます。 本当にトンガの方々がどうかご無事でありますように」とつづった。 

日本は2011年の東日本大震災の際、トンガ政府や市民から義援金などの寄付を受けている

注目記事