「よわない檸檬堂」、いつから発売? コカ・コーラがノンアル市場についに参入

拡大するノンアル市場。「お酒を飲まない日」の選択肢の一つとして注目が集まりそうです。
新ノンアルコールブランド「よわない檸檬堂」
新ノンアルコールブランド「よわない檸檬堂」
日本・コカコーラ

日本コカ・コーラは1月25日、初のノンアルコールブランド「よわない檸檬堂」を発売すると発表しました。アルコール度数は0.00%。希望小売価格は132円(税抜)で、2月7日からコンビニエンスストアで先行発売、2月21日から全国で発売されます。

どんなノンアル?

同社によると、「よわない檸檬堂」は、「酔わずにレモンサワーの美味しさを味わいたい」というニーズに応えるために開発したノンアルコール飲料。味はレモンサワー風味で、同社の人気商品「檸檬堂」のノウハウや経験を生かしているということです。

初のノンアル発売の背景

日本コカ・コーラによると、初のノンアルコールブランド発売の背景にあるのは、ノンアルコールRTD(レディ・トゥ・ドリンク:ふたを開けてすぐにそのまま飲める飲料)市場の拡大です。飲酒する消費者の割合が減少していることが、市場の成長につながっていると考えられます。

同社の調査によると、ノンアルコールRTD市場は2017年から継続的に増加。アルコール飲料(ビール除く)のRTDと比べると市場規模は小さいものの、2021年にかけて1.5倍の金額規模の成長がみられたそうです。

ノンアルコールRTD市場の拡大について
ノンアルコールRTD市場の拡大について
日本・コカコーラの資料より

25日の商品発表会の中で、アルコールカテゴリー事業本部のブランドマネージャーを務める岸田卓真さんは、「この市場はまだまだ成長するポテンシャルのある非常に重要な市場」と話しました。

ノンアルコールRTD市場の拡大には、生活者の飲酒頻度の変化が要因になっていると考えられます。厚生労働省の調査では、「お酒を飲む人」の割合が減少し、お酒を飲む人も頻度を減らしていることがわかりました。

今後、さらなる拡大が見込まれるノンアルRTD市場。「飲まない日」の選択肢の一つとして、コカ・コーラの新商品にも注目が集まりそうです。

Popular in the Community