関東の積雪増加は遅れると予想。 東京など大雪の影響は夜が中心に

東京都心などで雪の積もりはじめるタイミングが遅れると見られ、大雪の影響は夜が中心になる見込みです。
|
ウェザーニュース

関東の雪の範囲は10時頃にかけて広がってきましたが、その後は再び雨よりに変わった所があります。東京都心などで雪の積もりはじめるタイミングが遅れると見られ、大雪の影響は夜が中心になる見込みです。

関東平野は一旦、雪の範囲が縮小

関東甲信では断続的に雪や雨が降り続いています。内陸部や山沿いでは積雪が増加している一方で、東京都心など平野部では雪に変わった所も雨よりになるなど、まだ本格的に積もりはじめる状況になっていません。

最新の気象状況の解析によると、当初の予想に比べると降水が弱いことや、北からの冷たい空気の流入が弱まっている影響とみられます。

東京都心などはすぐに雪が積もりはじめる可能性が低くなり、影響が高まってくるのは夕方以降になる見込みです。降水が強まると急激に気温が低下して一気に雪が積もるため、広範囲で積雪が5cmを超え10cm前後に達するおそれがあり油断はできません。できるだけ雪が強まる前に帰宅をするようにしてください。
» 最新の雨雲・雪雲レーダー

甲信地方は積雪の増加が続く

10日(木)12時前 山梨県都留市で撮影
10日(木)12時前 山梨県都留市で撮影
ウェザーニュース

関東平野部の積雪が遅れている一方で、甲信地方は時間とともに雪が積もっていて、12時の時点では山梨県甲府市で6cm、長野県諏訪市では12cmを観測しています。

長野県と山梨県の広い範囲と静岡県の一部に大雪警報が発表中です。今夜にかけても雪が降り続き、標高の高い所を中心に積雪が20~30cmに達するおそれがあります。引き続き大雪に警戒が必要です。

【関連記事】