えっ無料で使えるの…?スタジオジブリが公開したジブリパークの「エレベーター塔」にSNSで反響

11月1日に開業予定の「ジブリパーク」。その様子の一部が公開されました
ジブリパーク内の「青春の丘エリア」に整備される「地球屋」
ジブリパーク内の「青春の丘エリア」に整備される「地球屋」
© Studio Ghibli

「素敵すぎる…!」「行きてええ」

スタジオジブリが3月23日、公式Twitterで公開した「ジブリパーク」の「エレベーター塔」の姿に、SNSで反響が寄せられている。

「ジブリパーク」はジブリ作品の世界観が表現されるテーマパーク。2022年11月1日に、愛知県・長久手市で開業する予定だ。

スタジオジブリはTwitterで、「ジブリパークへの入り口のひとつとなる「エレベーター塔」がお披露目となりました」と報告。エレベーター塔は、映画『天空の城ラピュタ』の世界のモデルとなった、19世紀末の空想科学世界をもとにデザインしたものだという。

さらに、Twitterでは「エレベーター塔は、今日から無料で利用することができます」とも報告され、SNSでは「もう使えるの?」「今日から利用できるんだ!」などと驚きの声が上がった。

スタジオジブリはこの日、「エレベーター塔」の別カットも投稿している。

三鷹の森ジブリ美術館の公式Twitterも3月23日、「西の方で大きな仲間がお披露目になったようです!」とつづった。

ジブリパークとは?

ジブリパークが建設されるのは、愛知万博(2005年)の跡地で、広大な敷地を誇る「愛・地球博記念公園」。

全部で5つのエリアに分かれており、先に3エリアが公開され、「もののけの里」と「魔女の谷」はその1年後の開業を目指すという。

▼11月に開業予定

①青春の丘

②ジブリの大倉庫

③どんどこ森

▼オープンから概ね1年後に開業予定

④もののけの里

⑤魔女の谷

ジブリパークの整備エリア