『TRP2022』入場方法やスケジュールは?3年ぶりのオフライン開催へ。入場制限も【東京レインボープライド2022】

『東京レインボープライド2022』が4月22日から3日間、代々木公園で行われます。今年は新型コロナウイルス感染防止の視点から、入場制限があるようです。ステージイベントなどをまとめました。
3年前にオフラインで行われた『東京レインボープライド2019』の様子
3年前にオフラインで行われた『東京レインボープライド2019』の様子
時事通信社

日本最大級のLGBTQイベント『東京レインボープライド(TRP)2022』が4月22〜24日の3日間、代々木公園(東京)で開催される。

新型コロナウイルスの影響で2020、21年はオンラインのみの実施となっており、オフライン開催は3年ぶりとなった。プライドパレードは最終日の24日にあり、ブースの出展やステージイベントは3日間にわたって催される。

例年、入場は自由だったが、今回は感染防止の観点から制限が設けられている。またパレードは事前に申し込みに当選した人のみ参加が可能。当日参加はできない。

今年の入場ルールや、イベント内で行われるステージイベントの出演者やスケジュールなどを紹介する。

◆テーマに込めた思いとは?

今年のテーマは「繋がる、見える、変わる」。このテーマを決めた背景について、主催するNPO法人『東京レインボープライド』は、2年間のコロナ禍の生活の中で「大きな声にかき消されてしまう声なき声、そして声をあげても変わらないルールなど、依然として多くの問題が存在している現実もより明確に見えてきました」と指摘。

「これからの時代のために、声をあげていくこと、発信をすることで、LGBTQだけではなく、すべての人が安心して安全に生きていける世界に変わっていく、そんな未来を実現するため」としている。

◆入場制限は?

会場には、事前申し込みをした人が優先的に入場できる。申し込みをしていない人の当日参加も可能で、入場制限をしながらの案内になるという。入場は無料。

イベント内で行われるステージイベントも、事前申し込みをした人が優先で、かつ先着順となるという。15時以降のステージの観覧については、14時半から整列を開始する。

24日のパレードについては、当日参加枠はないという。

◆ステージイベントのスケジュールは?

ステージイベントのスケジュールは以下の通り(敬称略)。

◇4月22日

(司会はTRP共同代表の杉山文野、山田なつみ)

15時〜 オープニング

16時〜 シンポジウム「LGBTQと感染症 ~HIV予防薬 “PrEP”(プレップ) 認可はいつになる?~」

17時〜 シンポジウム「LGBTQと法整備 ~同性婚、差別禁止法、性同一性障害特例法の現状と課題~」

◇4月23日

(司会はベビーヴァギー、山田なつみ)

12時~13時 市川聖、Jasmine High

13時~14時 佳館杏ノ助、五十鈴ココ

14時~14時半 東京力車

15時~16時 天道 清貴、JAPAN PRIDE NETWORK(トーク)

16時~17時 ENVii GABRIELLAYOUTH PRIDE JAPAN(トーク)

17時~ 青山テルマ

◇4月24日

(司会はブルボンヌ、ryuchell)

12時〜 オープニングスピーチ・メッセージ紹介(東京都、渋谷区、海外プライド、各党議員)

15時~16時 CHAI、八方不美人

16時~17時 ミラクルひかる、DRAG QUEEN’S SHOW

17時~ 星屑スキャット

◆ブースはどこが出展する?

ドン・キホーテやライフネット生命保険、楽天などの企業、NPO法人LGBTの家族と友人をつなぐ会やG-FRONT関西などの当事者支援団体など、116団体が出展。詳細はこちらから。

またNetflixやサイボウズなど46団体は、オンラインブースを出展する。

TRPの公式ツイッターでは、スポンサー企業からのメッセージを紹介している。

◆6月のプライドマンスにもイベント開催

LGBTQの権利を啓発する「プライド月間(Pride Month)」に合わせ、6月にもイベントを行う予定。

6月3日にはオフラインで、プライドカンファレンス、6月25、26日にはオンラインで 『おうちでプライド2022(仮)』を開催する。