tokyoreinbopuraido

過去に、同性愛を「ネタ」としたテレビ番組の企画に出演した水原希子さん。「当たり前のように差別的なことをしてしまった」と、反省の言葉を述べました。
異性だけでなく、同性同士でも結婚できる日を迎えるために私たちができること。
「本当に子どもに優しい社会っていうのは、偏見がなくて、みんな平等に生きられて、どんな状況でも同じようにチャンスが与えられる社会」
LGBTQのイベント「東京レインボープライド」が、今年も開催されます。
出生時の性別と自認する性別の不一致に悩んだ経験を綴った初のエッセイ『ダブルハッピネス』から約15年。社会の変化は、杉山さんの目にはどう映るのか。
6月は「プライド月間」。東京レインボープライドの共同代表を務める杉山文野さんは、当事者として、そして元アスリートの経験から「LGBTに対する差別をなくすための法律が必要だ」と語りました。
「少年ジャンプ+」連載で話題となった作品から、世界で絶賛された有名映画まで。
ハフコレ編集部
LGBTQの人たちへの共感を前面に打ち出したパフォーマンス。MISIAさんは反響から何を感じたのでしょうか
「私みたいに、ミックスの方だったり、いろんな理由で自分をマイノリティだと思っている方がいると思う。悩みがそれぞれ違ったとしても、自分は一人じゃない、悩んでいるのは自分だけじゃないと気づける」