広瀬すずさんがルイ・ヴィトンを身につけた“自撮り”が神々しい。雰囲気の違いに「優勝してる」と反響【画像】

広瀬すずさんにとって、ルイ・ヴィトンとは。2020年に語っていた言葉があった。フィルムカメラで撮られた写真が話題に
俳優の広瀬すずさん
俳優の広瀬すずさん
Getty Images

出演映画『流浪の月』が現在公開中の俳優の広瀬すずさん。300万人以上のフォロワーがいる自身のインスタグラムで5月17日に公開した自撮り写真が話題だ。

自身が2020年からアンバサダーとなっているルイ・ヴィトンのアクセサリーを身に纏った写真に多くの反響が寄せられている。

「雰囲気が...」

広瀬さんは「#Louisvuitton #LVVolt」とハッシュタグのみツイート。LVVoltはルイヴィトンのジュエリーコレクションのことを指す。広瀬さんの投稿には公開から17時間で22万を超える「いいね」が付いている。

コレクションのラインナップを見ると、20万円台のものから100万円を超えるものまでデザインや価格が異なり、点数も幅広い。

広瀬さんが投稿した3枚の写真はフィルムカメラで撮ったような質感があり、いずれも「自撮り」で撮影したものとみられる。

広瀬さんの投稿への返信では、「自撮りが神」「優勝してる」「雰囲気がいつもと違って素敵」などと称賛のコメントが数多く寄せられたほか、公開中の映画についての感想を伝える人もいた。

広瀬さんにとってルイ・ヴィトンとは

広瀬さんは2020年にルイ・ヴィトンのアンバサダーに就任した際、「いつか身に着けてみたいと思い続けていた憧れのブランドだったので、アンバサダーに就任できたことをとても嬉しく思っています。これまで目にすることや体験することのなかったファッションの世界を楽しみながら、ルイ・ヴィトン ファミリーの1人として、皆様にその魅力を伝えていきたいです」と語っていた

これまでも広瀬さんは度々、ルイ・ヴィトンの小物などを身につけた写真を複数投稿しているが、その中でも今回の自撮りのような写真は少なく、ファンを惹きつけた。