男女同じデザインの「ジェンダーレス水着」が登場。一部の学校が従来の水着との選択式で導入予定

学校用で男女ともデザインが同じジェンダーレス水着「男女共用セパレーツ水着」が開発され、話題になっています。
男女共用セパレーツ水着
男女共用セパレーツ水着
フットマーク

体育用品を製造・販売するフットマーク(東京)が開発した 学校用の「ジェンダーレス水着」がSNS上で話題になっている。

水着は男女とも同じデザインで、上下が分かれたセパレーツ型。長袖の上着はできるだけ露出を軽減し、紫外線対策にも有効だ。また、ボトムスはハーフパンツを採用し、体の線が出にくい形になっている。

発表によると、2022年度は3校が導入予定で、来年に向けて10校が検討中。従来の水着と、この男女共用水着を選択する形にする学校が多くみられるという。

教育現場では、生徒が制服を選べるといった取り組みを導入する学校が増えている。

SNS上では、男女共用水着について「何を着るかは個人の自由として、こういう選択肢が増えたのはすごく良い」「日焼け対策にもなりそう」といったコメントが広がっている。

価格は6380円~6820円(税込み)。