2022年の夏は平年より厳しい暑さと予想。7〜9月の気温の見通しは? 暑さのピークは?

今年の夏(7~9月)の平均気温は、北日本から西日本は平年より高く、沖縄は平年並か平年より高くなる見込みで、全国的に厳しい暑さの夏になりそうです。
|
2022年の夏の暑さの見通し
2022年の夏の暑さの見通し
ウェザーニュース
今月6月22日(水)、ウェザーニュースは2022年の夏の暑さの見通しを発表しました。

今年の夏(7月~9月)の気温は、広範囲で平年よりやや高く、全国的に暑い夏になりそうです。エリア別では、沖縄で平年並か平年より高く、西日本から北日本にかけて平年より高い傾向です。

7月中旬までに梅雨明けする地域が多くなり、昨年と同様に暑い時期が平年よりも早く始まります。その後、暑さのピークは7月後半と8月後半の2回あり、西日本や東日本では残暑が厳しくなる予想です。

夏の気温は北日本から西日本で平年より高い

7月になると、太平洋高気圧が本州付近への張り出しを次第に強め、7月中旬には本州付近に停滞している梅雨前線が日本海から東北付近まで北上する見込みです。このため、今年は7月中旬までに西日本から東日本まで梅雨明けするところが多く、昨年と同様に暑い時期が平年よりも早く始まりそうです。

今年の夏(7月~9月)の平均気温は、北日本から西日本は平年より高く、沖縄は平年並か平年より高くなる見込みで、全国的に厳しい暑さの夏になりそうです。

7月は西日本から北日本にかけて平年より高く、沖縄は平年並の見込みです。8月は全国的に平年より高く、後半は厳しい暑さとなりそうです。9月も全国的に高温傾向が続き、秋のお彼岸の頃までは残暑が厳しくなりそうです。

こまめな水分補給や適切なマスクの付け外し、充分な休憩やエアコンなどの空調を適切に使用して、体調管理に十分注意してください。
>>エリアごとの詳しい見解(ウェザーニュース プレスリリース)

暑さのピークは7月後半と8月後半で猛暑に警戒

今夏の気圧配置の特徴
今夏の気圧配置の特徴
ウェザーニュース

7月後半と8月後半にそれぞれ日本の上空で高気圧の勢力が強まり、広範囲で暑さのピークとなる予想です。7月後半は西日本から北日本にかけて、8月後半は全国的に暑さが厳しくなりそうです。

太平洋高気圧は7月はじめから勢力を強め、より上空高いところにあるチベット高気圧も本州付近に張り出すタイミングがあります。

太平洋高気圧とチベット高気圧は広がる高度が違うため、チベット高気圧が日本付近まで張り出すと、上空で重なり合って“ダブル高気圧”となり、二つの高気圧が非常に背の高い一つの高気圧のように働き、厳しい暑さをもたらします。

このため、最高気温が35℃以上の猛暑日が続いたり、フェーン現象が起こりやすい場所では40℃前後の酷暑になる日も出てきます。

その後、9月にかけても南からの暖かな空気が流れ込みやすく、秋のお彼岸の頃までは残暑が厳しくなる見込みです。

>>3か月先までの天気・気温の詳しい見解

【関連記事】