「一粒万倍日」と「巳の日」が重なる開運日。7月の運気がアップする日は?(2022年7月3日)

財布の新調や銀行口座の開設など、お金にまつわることをするのに良いとされています。
|
イメージ画像
イメージ画像
sarayut Thaneerat via Getty Images

2022年7月3日は「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」と「巳(み)の日」が重なる、縁起が良いとされる日です。どんな日なのか調べてみました。

■一粒万倍日とは

暦を知る事典」(東京堂出版)では「一粒万倍日」について、以下のように書かれています。

一般には、文字通り一粒の籾(もみ)が一万倍になってかえってくるという意味で、仕事始め・開店・種蒔き・金貸しなどによい日であるが、借金や借り物など増えては困るものは当然ながら凶である。

■巳の日とは

「巳の日」は、十二支の「へび」に当たる日。スカイワードプラスによると、蛇は神様の使いと言い伝えられており、特に白蛇は弁財天(金運や芸術をつかさどる)の使いと言われています。財布の新調や宝くじの購入、銀行口座の開設など、お金にまつわることをするのに良いとされています。

Oggi.jpによると、「一粒万倍日」は年間で約60日あると記されています。また、「巳の日」などの他の吉日と「一粒万倍日」が重なることで、さらに運気が高まるといいます。

■7月の縁起の良い日は?

7月の「一粒万倍日」は3、4、7、16、19、28、31日の計7日あります。「巳の日」は3、27日となっています。

また、15日は「己巳(つちのとみ)の日」で、「己」と「巳」が重なる縁起の良い日と言われています。