【きょう8月16日の天気】関東は暑さのピーク。東京は6日ぶりの猛暑日となる予想

北海道や東北は大雨災害のおそれ。北陸や西日本日本海側も雨が強まる予報です。
8月16日(火)の全国の天気
8月16日(火)の全国の天気
ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・関東は暑さのピーク

・北海道や東北は大雨災害のおそれ

・北陸や西日本日本海側も雨が強まる

明日16日(火)は低気圧が北海道付近を通過し、前線が東北から日本海を南下します。北海道や東北は激しい雨や大雨に警戒が必要です。関東は晴れて厳しい残暑となります。


関東は暑さのピーク

関東は非常に暖かい空気に覆われます。強い日差しも加わり、東京は10日(水)以来6日ぶりに35℃の猛暑日となる予想です。

前橋など内陸部はさらに気温が高く、38℃前後の体温超えの暑さになるとみています。意識的な水分・塩分補給やエアコンの使用など万全な熱中症対策が欠かせません。

午後は昇温により大気の状態が不安定になります。内陸山沿いを中心に、天気の急変にもご注意ください。

北海道や東北は大雨災害のおそれ

予想積算降水量 16日(火)24時まで
予想積算降水量 16日(火)24時まで
ウェザーニュース

前線上の低気圧が昼過ぎにかけて北海道の太平洋側を通過し、前線が東北を南下する予想です。北海道は道南や道東太平洋側を中心に、東北は北部を中心に激しい雨や大雨のおそれがあります。

先週の大雨の影響もあり土砂災害などが発生する危険性が高いため、危険な場所には決して近づかないでください。

風も強いため、荒天の間の外出は控えた方が安心です。

北陸や西日本日本海側も雨が強まる

前線の南下に伴って、だんだんと雨が降りやすくなります。夕方以降は雨の降り方が強まり、雷や突風を伴うおそれもあるため注意が必要です。

東海や西日本太平洋側も雲が広がりやすく、にわか雨の可能性があります。外出時に雨が降っていなくても傘をお持ちください。

関連記事