台風11号の進路予想は? 先島諸島は暴風雨。来週は日本海に進む見通し

台風11号は4日(日)から5日(月)にかけて、東シナ海を北上する予想となっています。
気象衛星(可視画像)
気象衛星(可視画像)
ウェザーニュース
9月3日(土)16時の推定で、大型で強い勢力の台風11号(ヒンナムノー)は石垣島の南東の海上を北に進んでいるとみられます。

先島諸島は風速25m/s以上の暴風域に入っており、16時00分までの最大瞬間風速は渡嘉敷村で32.6m/s、宮古島で29.2m/s、石垣島で27.6m/s、那覇市で24.4m/sを観測しました。

台風は今夜、非常に強い勢力に発達しながら石垣島付近を通過するとみられ、先島諸島ではさらに風雨が強まる見込みです。暴風や激しい雨に厳重に警戒してください。

▼台風11号 9月3日(土)16時推定
中心位置 石垣島の南東約80km
大きさ階級 大型
強さ階級 強い
移動 北 15 km/h
中心気圧 955 hPa
最大風速 40 m/s (中心付近)
最大瞬間風速 60 m/s
暴風域半径 130 km (東側150km, 西側110 km)
強風域半径 605 km (南東側650 km, 北西側560 km)
» 台風情報をアプリで見る

ウェザーニュースアプリでお天気アラームを設定すると、今いる場所の天気・台風・地震・津波などの情報をいち早くプッシュ通知で受け取れます。

先島諸島は長時間にわたって暴風雨のおそれ

3日(土)夜の雨雲の予想
3日(土)夜の雨雲の予想
ウェザーニュース
今夜は台風の中心を取り巻く活発な雨雲が先島諸島を通過します。また、アウターバンドと呼ばれる北東側に広がる活発な雨雲の帯もみられ、沖縄本島や奄美地方でも雨が強まる見込みです。

大型であることと台風の動きが遅いことで、先島諸島では暴風雨となる時間が長く、丸一日近くにおよぶ予想です。

総雨量が400mmに達するような大雨や、瞬間的に60m/sを超えるような暴風のおそれがあり、石垣市や宮古島市など各地に避難指示が出されています。外出するのは危険な時間が長くなりますので、安全な場所で過ごすようにしてください。
» 台風ピンポイント影響予測(会員向け)

台風は東シナ海で発達する予想

台風11号の進路予想
台風11号の進路予想
ウェザーニュース
台風11号は4日(日)から5日(月)にかけて、東シナ海を北上する予想となっています。東シナ海の海水温が30℃前後と高く、上空の風の流れが発達に適した条件となるためしばらくは発達を続け、5日(月)15時には中心付近の最大風速が50m/sまで強まる見込みです。

その後は北東に進路を変えて、朝鮮半島南部付近に進むとみられます。九州に最も近づく6日(火)の日中でも最大風速は40m/sが予想され、強い勢力を保ちます。

台風が離れて通っても風は強まる

6日(火)昼の上空の風の予想
6日(火)昼の上空の風の予想
ウェザーニュース
中心が九州から少し離れた所を通るため、暴風域に入る地域は限定的です。それでも6日(火)昼頃の上空の風の予想を見ると、台風が朝鮮半島付近に進む時点で、西日本から東海、北陸にかけて風が強まる見込みです。

海峡周辺やおろし風など、地形の影響で南寄りの風が吹き抜けやすい地域では、瞬間的に30m/s前後の暴風となる可能性があります。鉄道など交通機関への影響も考えられますので、移動を予定されている方は、気象情報に加え、運行情報もご確認ください。

台風が温帯低気圧に変わりながら日本海北部に進む、7日(水)にかけて全国の広い範囲で強風や短時間強雨に警戒が必要です。
» GPS検索 ピンポイント週間天気予報

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風11号の名前「ヒンナムノー(Hinnamnor)」はラオスが提案した名称で、国立保護区の名前が由来です。
» 台風11号情報をアプリで見る

参考資料など

気象衛星可視画像:NICT-情報通信研究機構

【関連記事】