【台風11号】フェーン現象で朝から30℃超。午後は「体温並み」の猛暑になる所も

台風11号の影響でフェーン現象を引き起こしています。風通しの悪い室内は温度が上昇しやすいので、適切な温度管理をしましょう。
|
ウェザーニュース

今日6日(火)は台風11号に吹き込む風がフェーン現象を引き起こし、早朝から30℃を超えている所があります。午後は北陸を中心に体温並みの厳しい暑さとなる見込みです。

山陰や四国の瀬戸内側などで早朝から30℃超

大型で強い台風11号は6時の時点で長崎県対馬の北を進んでいます。

西日本では台風に向かって吹き込む南寄りの風が、暖かく湿った空気を送り込んでいることに加え、その風が山を越える際にフェーン現象が発生して気温が上昇。

6時30分の時点で愛媛県松山空港や石川県小松市で31.0℃、鳥取県鳥取市で30.6℃と早朝にも関わらず、30℃以上の暑さです。

37℃まで上がる予想の所も

新潟県上越市・高田の気温変化
新潟県上越市・高田の気温変化
ウェザーニュース

北陸は午後にかけてさらに風が強まる上、日差しが届くため気温が上がりやすく、各地で35℃を超える猛暑日となる見込みです。

新潟県上越市・高田の気温変化を見ると、昼前には35℃に到達し、午後は体温並みの37℃まで上がる予想となっています。そのほか、金沢市や富山市でも36℃まで上がるとみられます。

フェーン現象特有の乾いた風が強く吹くため、体感温度はそこまで極端に高くはなりませんが、風通しの悪い室内は温度が上昇しやすいので、適切な温度管理を行って、熱中症にならないよう注意をしてください。

【関連記事】

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくためにーー。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。

ホームページへ