「女性ヴァンパイア」の遺体がポーランドで発掘。首に鎌、つま先に南京錠。一体なぜ?

遺体は17世紀のものとみられている。「シルクの帽子」「前歯が突き出ている」などの特徴もあった。
ポーランドの墓地で発見された「女性吸血鬼」の遺骨
ポーランドの墓地で発見された「女性吸血鬼」の遺骨
ANDRZEJ ROMAŃSKI, NCU

ポーランドのある村の墓地で、鎌で首が押さえつけられ、足の指には南京錠がかけられた状態で発掘された遺体。これは「吸血鬼(ヴァンパイア)」と疑われた女性の遺体だとみられている。

死者が墓から蘇らないように…

トルコのメディア Arkeonewsによると、遺体を発掘したのはポーランド北部の街ブィドゴシュチュから車で30分ほどにあるコラウス・コペルニクス大学の学者たち。

遺体は17世紀のものと見られており、首を押さえつけている鎌は、生き返るのを防ぐために置かれたものだと考えられている。また、足の指の南京錠は、死者が墓から蘇らないようにするための迷信に起因するものだという。

口からは前歯が突き出ていた
口からは前歯が突き出ていた
ANDRZEJ ROMAŃSKI, NCU

女性の遺体はシルクの帽子をかぶっていることから、社会的地位が高かったのではないかとみられている。また、突き出た前歯などの特徴によって「彼女が吸血鬼の疑いがあるとされたのではないか」とArkeonewsは伝えている。

研究チームのリーダーであるダリウス・ポリンスキ教授は、CBS Newsのインタビューで、「ここポーランドでは、(17世紀から)数世紀後の今このような発見がされるのはとても驚きべきことです」とその感動を述べた。

首にあてられていた鎌と、つま先につけられていた南京錠
首にあてられていた鎌と、つま先につけられていた南京錠
ANDRZEJ ROMAŃSKI, NCU

ポリンスキ教授はArkeonewsに対し、迷信を信じる人々は「吸血鬼」や「魔女」と疑われた死者から身を守るために、頭や足を切り落とす、焼く、死体に石をぶつける、顔を地面に向けて置くなどのいくつかの方法をとっていたと明かした。また、鎌は死者が蘇ろうとした時に、その首を切るための道具としても使うことができたとされる。

CBS Newsによると、この骸骨のDNAを詳しく検査するために、ポーランドのクラクフ大学考古学研究所の研究者がさらなる調査を行う予定だという。

※この記事はハフポストUS版を翻訳・編集しています。

ーーー

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくためにーー。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。