映画『マスク』吹き替え声優は誰?顔写真や代表作を紹介【キャスト一覧】

金曜ロードショーで9月16日、『マスク』が放送。登場人物を演じた声優を一挙紹介します。

映画『マスク』が9月16日午後9時から『金曜ロードショー』(日本テレビ系)で放送されます。

1994年公開の同作は、主人公のスタンリーを演じたジム・キャリーをスターにのし上げた大ヒットコメディー。スタンリーが一目惚れするティナを演じたキャメロン・ディアスは、同作が映画初出演でした。

吹き替え版は、金曜ロードショーのオリジナル。主な登場人物の声を担当したのは誰か、写真や代表作とともに、一挙紹介します。

◆『マスク』のストーリーは?

主人公のスタンリーは、内気な銀行マン。職場に現れたティナに一目惚れするも、その性格からアプローチすることができませんでした。
そんなスタンリーはある日、謎の仮面を手に入れます。家に帰って仮面を顔に近づけた瞬間、派手なスーツに身を包んだ緑色の顔の男に変身。陽気な性格と並外れた身体能力を手に入れます。

自らの力に恐怖を感じたスタンリーは一度はマスクを手放そうと決意。しかし、誘惑に負けたスタンリーは、ティナと出会った銀行に向かうとーー。

◆吹き替え声優は誰?

主人公のスタンリーは、山寺宏一さん。声優としての代表作は「新世紀エヴァンゲリオン」加持リョウジ役や「アラジン」のジーニー役など多数の作品で知られます。

山寺宏一さん
山寺宏一さん
時事通信社

ティナ役は声優の井上喜久子さん。声優としての代表作は『ああっ女神さまっ』のベルダンディー役など。(顔写真はこちらから)

ミッチ(ピーター・リーガート)役は若本規夫さん。『サザエさん』のアナゴ役や『宇宙戦艦ヤマト2199』のヘルム・ゼーリック役で知られています。『人志松本のすべらない話』などバラエティ番組のナレーションとしても活躍しています。(顔写真はこちらから)

ドリアン(ピーター・グリーン)役は大塚明夫さん。代表作として「ブラック・ジャック」シリーズのブラック・ジャック役で知られ、「スパイキッズ」シリーズなど洋画の吹き替えまで幅広く活躍しています。(顔写真はこちらから)

ペギー(エイミィ・ヤスベック)役は高島雅羅さん。「STAR WARS シリーズ」レイア姫役をはじめとする映画やアニメで声優を担当。ニュース番組のナレーションとしても活躍しています。(顔写真はこちらから)

チャーリー(リチャード・ジーニ)役は大塚芳忠さん。海外ドラマの吹き替えや、テレビ番組でのナレーションでもお馴染み。『仮面ライダー電王』のデネブ役などでも知られています。(顔写真はこちらから)

そのほかのキャストは以下の通りです。

ニコ(オレステス・マタセナ)=麦人さん

アーブ(ティム・バグレー)=柳沢栄治さん

ピーンマン夫人(ナンシー・フィッシュ)= 青木和代さん

マイロ/犬(マックス)

ーーー

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくためにーー。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。