台風14号の進路は? 沖縄・九州などに接近の恐れ。3連休への影響も

台風14号(ナンマドル)が9月14日、発生しました。今後、沖縄県や鹿児島県の奄美地方、西日本に近づく恐れがあり、17日からの3連休に影響を及ぼしそうです。
|
台風14号の予想経路図
台風14号の予想経路図
気象庁の公式サイトより

台風14号(ナンマドル)が9月14日、小笠原近海で発生した。今後、沖縄県や鹿児島県の奄美地方、西日本に近づく恐れがあり、17日からの3連休に影響を及ぼしそうだ。

台風14号の進路は

気象庁によると、15日午後6時の時点で、大型の台風14号は日本の南の海上を1時間に15キロの速さで西に進んでいる。

16日午後6時には、南大東島(沖縄県)の東南東約320キロの海上を1時間に15キロの速さで進むとみられる。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルと予想している。

17日には強い勢力で沖縄地方と奄美地方に接近する見込みで、気象庁は暴風や高波に警戒するよう呼びかけている

台風14号の名前は「ナンマドル」

ウェザーニュースによると、台風14号の名前「ナンマドル(Nanmadol)」はミクロネシア連邦が提案した名称で、同国の有名な遺跡の名前から取られているという。

ーーー

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくためにーー。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。