【週間天気】三連休は広く雨の予報。寒冷渦や熱帯低気圧の影響

秋分の日の23日から24日にかけて、前線の活動が活発となって全国的に雨が降る予想。日々の寒暖差が大きくなります。
|
ウェザーニュース
■この先1週間のポイント■

・次の三連休は寒冷渦や熱帯低気圧に注意
・来週前半にかけても雲の多い空
・気温のアップダウンが大きい

次の三連休は寒冷渦や熱帯低気圧に注意

週間天気図 21日(水)~26日(月)
週間天気図 21日(水)~26日(月)
ウェザーニュース

秋分の日の23日(金)から24日(土)にかけて、大陸からは上空に寒気を伴った低気圧(寒冷渦)が近づき、南の海上からは熱帯低気圧が本州に接近してきます。

前線の活動が活発となって全国的に雨が降る予想です。特に紀伊半島や東日本の太平洋側では大雨となるおそれもあります。また北日本でも強まる雨に注意が必要です。

なお熱帯低気圧の動向については、まだ予報の不確実性が大きい状況のため、随時最新の天気予報をご確認ください。

来週前半にかけても雲の多い空

25日(日)からは再び移動性高気圧が近づき、北日本を中心に晴れるところが多くなる見込みです。

一方、西日本や東日本は太平洋側を中心に湿った空気が流れ込みやすく、来週前半にかけて雲の多い空が続く見込みです。東日本や東北では雨の可能性もあります。

日差しの届く日や雨の可能性が低い日を有効に活用して、洗濯物が溜まらないようにしたいですね。
» GPS検索 ピンポイント週間天気予報

気温のアップダウンが大きい

ウェザーニュース

週中頃にかけて気温が一時的に低下するところが多くなりますが、次の三連休は再び気温が高くなる傾向で、西日本などでは真夏日になる予想です。東日本や北日本でも日々の気温変化が大きく、気温差の大きな一週間となりそうです。

日々の寒暖差が大きくなりますので、体調を崩さないようお気を付けください。

また秋の運動会シーズンもやってきていますので、引き続き暑さ対策も忘れずに行ってください。
» この先10日間の服装予報

【関連記事】

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくためにーー。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。