9月最終週も熱帯低気圧の動向に注意を【週間天気予報】

9月最終週は、気圧の谷の接近や湿った空気の影響を受けて、東日本や西日本で曇りや雨の日が多くなりそうです。また、別の熱帯低気圧が発生する可能性があり注意が必要です。
週間天気予報
週間天気予報
ウェザーニュース
■この先1週間のポイント■
・気圧の谷や湿った空気の影響受け雨も
・南の海上では新たな熱帯低気圧発生か
・秋らしく寒暖差にご注意を

9月最終週は、気圧の谷の接近や湿った空気の影響を受けて、東日本や西日本で曇りや雨の日が多くなりそうです。また、別の熱帯低気圧が発生する可能性があり注目が必要です。
» GPS検索 ピンポイント週間天気予報

気圧の谷や湿った空気の影響受け雨も

三連休明けの26日(月)は近畿以東で晴れる所が多くなりますが、西日本から天気は下り坂となります。27日(火)は気圧の谷の接近に伴い、雨の降る所が多くなる予報です。

28日(水)以降も高気圧が北日本方面を覆うため、西日本や東日本は湿った空気の影響を受けて曇りや雨の所が多くなりそうです。

その後、次の週末の10月1日(土)頃には高気圧が日本列島を広く覆う見通しで、晴れる所が多くなる可能性が高まっています。
» 洗濯は計画的に お洗濯情報

南の海上では新たな熱帯低気圧発生か

予想天気図 28日(水)9時
予想天気図 28日(水)9時
ウェザーニュース
東日本に大雨をもたらした台風15号は温帯低気圧に変わりましたが、フィリピンの東に台風16号(ノルー)があり、さらにマリアナ諸島では別の雲がまとまりつつあります。

マリアナ諸島から小笠原近海にかけての地域ではこの先新たな熱帯低気圧が発生する可能性があります。熱帯低気圧が発生すると、小笠原諸島や伊豆諸島などに近づく可能性が考えられるため、今後の情報を注視するようにしてください。
» アプリ 予想天気図

秋らしく寒暖差にご注意を

「暑さ寒さも彼岸まで」との慣用句もあるように、猛暑の日はもうなさそうです。ただ、真夏の暑さとまではいきませんが、西日本などでは最高気温が30℃を超える日もあり、湿った空気の影響で蒸し暑く感じそうです。

そして、秋らしく朝晩と昼間の気温差が大きい時期となってきますので、寒暖差で体調を崩さないよう、お気をつけください。
» この先10日間の服装予報

関連記事

ーーー

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくためにーー。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。