安倍晋三元首相の国葬で交通規制。何時から? 区間は? 首都高・一般道で最大10時間

国葬の会場となる日本武道館の付近を中心に、交通規制が行われる。28日まで続くという。

9月27日に安倍晋三元首相の国葬が日本武道館で行われるにあたり、28日まで都内の首都高速道路や都心部の一般道路において、交通規制が実施される。

交通規制は、国葬儀及びその後の迎賓館における行事や、海外要人の来日・離日の際の移動などに応じて行われ、日時によって規制区間が異なる。

詳しい規制図は以下の通り。

9月27日(火)

正午ころから午後9時ころまでの間、都内の首都高速道路において、車両通行止めの交通規制が実施される。

▼赤い部分が通行止めとなる首都高の区間

9月27日(火)の首都高の交通規制区間
9月27日(火)の首都高の交通規制区間
警視庁のホームページより

このほか、一般道路においても、交通規制が行われる。

▼午前9時ころから午後7時ころまで:靖国通り(九段坂上交差点から九段下交差点の間)及び千鳥ヶ淵緑道

▼午前11時ころから午後5時ころまで:代官町通り(代官町通りの交通規制に伴い首都高速「代官町出入口」及び「北の丸出口」は利用不可)

9月27日(火)の一般道の交通規制区間
9月27日(火)の一般道の交通規制区間
警視庁のホームページより

▼午後5時ころから午後9時ころまでは、以下の赤い部分も車両通行止め

9月27日(火)の一般道の交通規制区間
9月27日(火)の一般道の交通規制区間
警視庁のホームページより

警視庁の発表によると、関係者や千鳥ヶ淵緑道で列に並ぶ一般献花者等以外は、各歩道も通行不可。時間帯や路線は変更になる場合があるという。

9月28日(水)

海外要人の来日・離日の際の移動などに伴い、首都高速道路や一般道路において、一時的な交通規制が実施される見込み。

警視庁はホームページなどで周知し、注意するよう呼びかけている

───

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくために──。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。