『きかんしゃトーマス』の顔の“激変”が衝撃的。「顔の凹凸どこいった」「現代的で子どもは好きそう」など様々な声

人間のように凹凸があり個性の光る顔立ちだったトーマスたちですが、リニューアル後は顔が平面的になり、よりポップな印象です。
『きかんしゃトーマス 映画コレクション』(発行:ポプラ社)。リニューアル前のトーマスとなかまたち
『きかんしゃトーマス 映画コレクション』(発行:ポプラ社)。リニューアル前のトーマスとなかまたち
版元ドットコムより

子ども向けの人気テレビシリーズ「きかんしゃトーマス」がフルリニューアルし、顔が“激変”したとネット上で話題になっています。

人間のように鼻や目などに凹凸があり、個性の光る顔立ちだったトーマスたちですが、リニューアル後は顔が平面的になり、よりポップな印象です。

1990年の人形劇バージョンから見比べてみると…

1945年にイギリスで創刊した 『汽車のえほん』を原作とした「きかんしゃトーマス」。人形劇として日本では1990年から放送され、2010年には3DCGアニメーションに。今回の12年ぶりのフルリニューアルで、“2Dルック”に変身しました。

▼トーマスの変化。左から、1990年の人形劇→2010年の3DCG→2022年の2Dルック

公式Twitterなどで発表された新トーマスの動画ではトーマスたちがアクロバティックな動きを披露。くるくると変わる顔の表情も豊かになっているようです。

ネット上ではトーマスの突然の激変に衝撃が走っています。「誰ってくらい顔が現代的に」「見慣れない感がすごい」「顔の凹凸どこいった」「物足りなさを感じてしまう」などと戸惑う声があがっている一方で、「リニューアル楽しみ」「現代的で子どもは好きそう」と好意的な声もみられます。

新しいデザインになったトーマスたちは、今冬からNHKで放送されるシリーズ25作目のテレビアニメと、2023年春公開の『映画 きかんしゃトーマス めざせ!夢のチャンピオンカップ』に登場します。

また、今回からトーマスらキャラクター全員が歌に挑戦するといい、声優陣も一新。トーマス役は田中美海さん、パーシー役は越乃奏さん、カナ役は大久保瑠美さん、ニア役は古賀英里奈さん、ディーゼル役は山藤桃子さんが担当します。

ーーー

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくためにーー。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。