「テレビで発言することの責任の重さを考え続けた」。玉川徹さんが『モーニングショー』に出演。謹慎処分が明けて語ったこと

テレビ朝日の報道局員・玉川徹さんは安倍晋三元首相の国葬に関する発言で10日間の謹慎処分を受けていた。19日の出演では改めて発言を謝罪し、今後への決意を述べた。
テレビ朝日の社屋
テレビ朝日の社屋
時事通信社

テレビ朝日系の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』でコメンテーターを務める同局社員の玉川徹さんが10月19日に番組に出演し、安倍晋三元首相の国葬に関する自らの発言について謝罪した。

玉川氏は番組内での発言によって10日間の謹慎処分を受け、19日は謹慎が明けた後、初めての出演だった。玉川さんは何を語ったのか、振り返る。

「テレビで発言することの責任の重さを考え続けた」

玉川さんはスタジオにあるコメンテーターの席からではなく、同局内と見られる別の場所から中継で登場。羽鳥アナから紹介されると以下のように謝罪した。

「おはようございます。今回の私の事実誤認のコメントにより、ご迷惑をおかけした電通、および菅前総理大臣に対し、あらためておわび申し上げます。このような事実に基づかない発言をテレビでしてしまったということ、それは私の慢心とおごりがあったからだと反省致しました。申し訳ございませんでした」

玉川さんは続けて謹慎期間中に考えたことについて、次のように言葉を紡いだ。

「謹慎の10日間、私は事実確認の大切さ、テレビで発言することの責任の重さを考え続けました。そして、事実確認こそが報道の根幹である。その原点に立ち返るべきだと考えました」

「これまで私はスタジオでさまざまなニュースに対し、コメントを続けてきましたが、これからは、現場に足を運び、取材をし、事実確認をして報告する。その基本にもう1度立ち返るべきだと考えました。そして、その結果は、この『羽鳥慎一モーニングショー』の中でお伝えする。そういうふうな考えに私は今回、至りました」

「この間、報道局幹部とも話し合いを続け、このような私の考えを理解してもらいました。視聴者の皆さまにも、ご理解いただけるとありがたく存じます。今後、このような形で仕事を続けて参りますが、ご支援のほどよろしくお願い致します」

この直後、番組司会の羽鳥慎一アナウンサーが中継を引き取ると、「基本に立ち返るというのは、玉川さんの思いであり、テレビ朝日の考えであり、私も同じ思いです」と結んでいた。

日刊スポーツの報道によると、玉川さんは9月28日の同番組の中で、安倍元首相の国葬で行われた菅義偉前首相による弔辞読み上げに関して「電通が入っている」などとコメントしていたが、翌29日に「(前日の発言は)事実ではありませんでした」と発言を訂正し、謝罪していた。玉川さんは今後も肩書は「コメンテーター」のまま仕事を続けていくという。

これまで同番組で様々なニュースにコメントしてきた玉川さん。TwitterなどSNSでは「謝罪したし、玉川さんが出ているから番組を見ている。応援しています」などというコメントも一部寄せられていた。

ホームページへ