イングランド「試合前の片膝つく行為」を表明。LGBTQ連帯のレインボー腕章の着用は断念【カタールW杯】

同性愛を犯罪と見なしていることなど人権問題が指摘されているカタール。「ONE LOVE」腕章を着用できるのか、今夜21日のイングランド戦の対応に注目が集まっていた。
|

サッカーのカタールワールドカップで、11月21日にイランとの初戦を迎えるイングランド代表が、試合前に人種差別に抗議する片膝をつく仕草をすると表明した。ガレス・サウスゲート監督が明かしたとイギリスメディアが報じている。

BBCによると、2020年のジョージ・フロイドさん事件の後、イングランド代表は黒人への人種差別に抗議する片膝をつくジェスチャーを続けてきたという。2021年夏のヨーロッパチャンピオンシップでも、全ての試合前にこのジェスチャーをした。

イギリスのプレミアリーグでは2019-20シーズンの途中から続けているが、選手からも形骸化していると指摘され、現在は節目や特定の試合前に限定して行われている

サウスゲート監督はプレミアリーグでの変遷にも触れながら「このジェスチャーは、私たちがチームとして長い期間示したきたものだ。インクルーシブがとても重要であるという、世界中の若い人たちに届く力強い表明になる」と語っている。

2022年6月の国際試合で片膝をつく行為をするイングランドのケイン選手(左)
2022年6月の国際試合で片膝をつく行為をするイングランドのケイン選手(左)
ATTILA KISBENEDEK via Getty Images

レインボーの腕章の着用は断念

今大会、同性愛を犯罪と見なしていることなど、カタールの人権問題が指摘されている。

BBCによると、多様性と包括性を推進するため、イングランドのハリー・ケインらヨーロッパの複数チームの主将が大会の開幕前、「ONE LOVE」と書かれたレインボー柄のキャプテン腕章を着用することを表明していた。

ところが試合開始の直前、イングランドをはじめとする国が着用を断念したと共同声明で発表。選手が制裁措置を受ける可能性があることが理由だと、BBCが報じた

これまでの経緯は?

腕章は反差別やLGBTQ権利擁護のシンボルとされており、イングランドサッカー協会(FA)がFIFA側に「腕章を着けて出場可能か」を確認。ガーディアンによると回答は届いていなかったという。

ONE LOVEと書かれた腕章をするイングランドのケイン選手
ONE LOVEと書かれた腕章をするイングランドのケイン選手
Jonathan Moscrop via Getty Images

FIFAのルールでは、チームの用具に政治的、宗教的、個人的なスローガン、ステートメントや画像を載せることは禁止されている

FIFAは11月19日、全チームの主将に対して「Football unites the world」(サッカーが世界をひとつに)などといった別の社会的メッセージの腕章を着用するよう要請していた

FIFAからレインボー腕章の着用は認められていないが、「イングランドとウェールズは(腕章着用の代わりに)罰金を受け入れるという立場だ」とBBCは報じていた

ロイター通信によると、ドイツやデンマークの両主将も同じ19日、レインボー腕章を着用すると発表していた。

イングランドのケイン主将はSKY NEWSの取材に対して次のように答えていた。

「チームや組織としてONE LOVEの腕章をつけたいということを明確にしたと感じている。協会がFIFAと話してくれていると理解しているので、明日の試合の時間までに結論が出るだろう。私は腕章をつけたいということを明確に示したと思っている」

【2022/11/21/20:30 UPDATE】

イングランドなどの国がレインボー腕章を着用しないとBBCが報じたことを受けて、タイトルや内容を変更しました。