金魚?鯉?湖で釣り上げられたオレンジの魚が目を疑うデカさだった【動画】

重さはなんと約30キロ。年齢はおよそ20歳と推測されている。
|
巨大なオレンジの魚と釣り上げたハケットさん
巨大なオレンジの魚と釣り上げたハケットさん
Facebook / Bluewater Lakes

フランスの湖で、巨大なオレンジ色の魚が釣り上げられた。

複数の海外メディアによると、巨大な金魚のように見えるこの魚は、実はニシキゴイとカワゴイの交配種で、そのオレンジ色からキャロット(にんじん)の愛称で呼ばれている。

重さはなんと約67.4ポンド(約30キロ)。年齢はおよそ20歳と推測されており、健康状態は良いという。

釣り上げられた場所である湖、フランスのブルーウォーター・レイクは、フランス有数の鯉の漁場として知られている。

USA Today紙によると、キャロットは、漁場のオーナーが釣り人たちに珍しい魚を楽しんでもらおうと約15年前に放出されたもので、釣り上げられるのはおろか、目撃されるのも非常に稀だという。

キャロットを釣り上げたイギリス人のアンディ・ハケットさんは、「ここにキャロットがいることは知っていたが、自分が釣り上げるとは思っていなかった」と述べている。

Facebookに投稿された動画には、ハケットさんによって再び漁場に解放されたキャロットが、水飛沫をあげ泳ぎ去っていく姿が映っている。