同性カップル「生産性ない」杉田水脈氏、過去の主張を撤回し謝罪。差別とは認めず

「差別だと認めて、撤回・謝罪するということか」との質問に対し、杉田水脈氏は「それも含め、しっかり精査して対応してまいりたい」と述べるにとどめ、差別だとの認識は示さなかった。
参院予算委員会で答弁する自民党の杉田水脈総務政務官=11月30日、国会内
参院予算委員会で答弁する自民党の杉田水脈総務政務官=11月30日、国会内
時事通信社

杉田水脈・総務政務官は12月2日の参院予算委員会で、過去に同性カップルについて「生産性がない」と月刊誌に寄稿したことや、「チマ・チョゴリやアイヌの民族衣装のコスプレおばさん」などとブログに投稿したことをめぐり、謝罪と撤回をすると表明した。

一方で、同性愛者らへの差別だと認識しているかについては明確に答えなかった。社民党の福島瑞穂党首への答弁。

杉田氏は、「私の過去の発言などに対する厳しいご指摘、ご批判について重く受け止めている」と発言。松本剛明・総務相から、謝罪と表現の撤回をするよう指示があったとして、「私としても内閣の一員として、それに従い傷つかれた方々に謝罪し、そうした表現を取り消します」と話した。

一方で、福島氏の「差別だと認めて、撤回・謝罪するということか」との質問に、杉田氏は「それも含め、しっかり精査して対応してまいりたい」と述べるにとどめ、差別だとの認識は示さなかった。

謝罪・撤回した過去の主張とは?

今回杉田氏が謝罪・撤回したのは、同性カップルや民族衣装をめぐる過去の2つの主張だ。

一つ目は、2018年8月号の月刊誌「新潮45」で、同性カップルを念頭に「彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がない」などと寄稿した内容。

もう一つは、2016年2月にスイス・ジュネーブで開かれた国連の女性差別撤廃委員会に関するブログ記事の一部。一部の参加者について「チマ・チョゴリやアイヌの民族衣装のコスプレおばさんまで登場。完全に品格に問題があります」などと揶揄する表現を記載していた

杉田氏の答弁を受け、福島氏は「総理の資質が問われています。内閣の一員として不適格です。罷免すべきではないですか」と問うた。

岸田文雄首相は、「内閣の一員になった以上は政府の方針に従ってもらわなければなりません。過去の発言については政治家の責任で、説明責任を果たしてもらわなければいけない」と述べるにとどめ、更迭しない考えを示した。

ホームページへ