「PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持つ者だけだ」日本敗退で「イタリアの至宝」の名言広がる

1994年ワールドカップ決勝でPK戦の末に敗れたイタリアのロベルト・バッジョ。その言葉を思い起こす人が多く見られました
|

「PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持つ者だけだ」

カタールで開かれているサッカー・ワールドカップで、日本代表は日本時間12月6日、決勝トーナメント1回戦でPK戦の末にクロアチアに敗れた。

重圧のかかる選手たちをたくさんの人が固唾をのんで見守った。そんな中、PK戦にまつわるこんな名言が、SNSで広がった。

PK戦で5人目に登場したロベルト・バッジョ
PK戦で5人目に登場したロベルト・バッジョ
picture alliance via Getty Images

Number Webによると、この言葉を発したのは1990年代にW杯に3度出場し、「イタリアの至宝」と呼ばれたロベルト・バッジョだ。

1994年のアメリカW杯。イタリア代表はブラジル代表と決勝戦でぶつかった。延長戦の末、PK戦にもつれこんだ。両チームとも1人目は失敗、2、3人目は成功。4人目はイタリアの選手が失敗した一方で、ブラジルの選手が枠内におさめた。

PK戦3-2、失敗すれば負けが決まる場面でイタリアの5人目を任されたのが、バッジョだった。

バッジョが放ったボールはクロスバーを大きく越え、イタリアは敗退。準優勝に泣いた。

冒頭の言葉はこのPK戦について語ったものだと言われている。

FIFAワールドカップの公式フェイスブックは2020年1月、「ワールドカップ史上最も象徴的な瞬間の一つ」としてこの言葉を投稿していた。

長友「必ず次につなげてくれる」

日本の敗退後、長友佑都選手はPKを蹴る重圧と戦った仲間たちをたたえた。

長友選手は「一生懸命最後まで戦った後輩たちと、勇気を持ってPKを蹴った選手たちをたたえてほしいなと思います。この悔しさを必ず彼らがこの先の日本サッカーに生かしてくれると思いますし、必ず次につなげてくれると思います」と話した。

PK戦後、落胆する選手たち
PK戦後、落胆する選手たち
Etsuo Hara via Getty Images
ホームページへ