ダイヤモンド、大好きなマヂラブに“謝罪”。その理由は?語った決意【M-1グランプリ決勝9組インタビュー(1)】

漫才日本一を決める「M-1グランプリ2022」。12月18日の放送を前に決勝進出者のインタビューをお届けします。第1回は、決勝初出場のダイヤモンドです

漫才日本一を決める「M-1グランプリ2022」の決勝が12月18日、ABCテレビ、テレビ朝日系列で生放送される。史上最多の出場者7261組の中から勝ち進んだ、9組のファイナリストたちがM-1にかける思いとは━━。

1回目のインタビューは初の決勝進出となる「ダイヤモンド」。2021年放送の『ぐるナイおもしろ荘』(日本テレビ系)で優勝し注目を集めた2人。M-1では4年連続で準々決勝進出にとどまっていたが、今年その壁を打ち破った。

ダイヤモンドの野澤輸出さん(左)、小野竜輔さん。2017年7月結成。
ダイヤモンドの野澤輸出さん(左)、小野竜輔さん。2017年7月結成。
©M-1グランプリ事務局

━━「M-1グランプリ2022」決勝進出を決めた今の率直なお気持ちをお聞かせ下さい。

小野 まだ実感が湧いていないのが正直なところです。発表のときに一番に呼ばれたんですが、(一番とは)思ってもみなかったので驚きました。その後、(6組目に呼ばれた)真空ジェシカくらいまで全然何も耳に入らなくて。

「あれ、本当にオレら呼ばれた……?」となっていました。スマホが(祝福LINEの通知で)ずっと振動し続けているので、それで少しずつ実感してきています。

野澤 もちろんうれしいんですが、ちょっと怖くなってきてもいます。僕、占いをけっこう信じてしまうタイプなんですが「今年は最悪だ」と言われていたんです。昨年末に骨折して今年前半は4~5ヵ月松葉杖をついていたこともあって、ホントに最悪な年だなと思っていて。

まだ今年は終わっていないので、まだ最悪なことは起き得ますよね。決勝当日まで“最悪”が続いたまま泳がされてるんだったらどうしよう……と。

小野 確かに決勝でやらかすのはいちばん最悪だな(笑)。でも、オレも先月くらいに占いに行ったら、「11月から野澤の運勢がよくなる」と言われたから大丈夫! 僕ら2人とも占いやくじが好きなんですよ。

野澤 だから笑御籤(えみくじ。※ネタ順を決める出番直前の抽選)とは相性がいいと思います。

小野 トップ(出順1番)でもうまく行けそうだよな!……いや、ウソです。本当は6番目がいいです(笑)。

━━今年の予選を振り返っていかがでしたか。

小野 今までのM-1だと、歴代のファイナリストたちはこんなに早々に落ちないというイメージだったので驚きました。でも、そんな中で自分たちが進めたことがうれしかったです。

野澤 面白い人が順当に勝ち進んでいるなと感じていたので、「審査員は相変わらず面白いひとを見極めているな」と。審査員の方々を称えたいです。僕らを選んでくれたわけですから。

━━「ファイナリストの中で自分たちが一番○○だ!」・・・「○○ 」に入るのは?

小野 「一番骨が弱い」は確定していますね。あと、たぶんですが僕が一番高い腕時計をつけています。マヂカルラブリーの村上さんがM-1で優勝した時につけていたものを譲り受けた、90万円の時計です。

野澤 小野が「一番かっこいい」ですね。

小野 ありがとう! 野澤は「一番パーマが似合ってる」よ!

決勝進出者発表の記者会見で笑顔を見せるダイヤモンドの野澤輸出さん(左)、小野竜輔さん。
決勝進出者発表の記者会見で笑顔を見せるダイヤモンドの野澤輸出さん(左)、小野竜輔さん。
©M-1グランプリ事務局



━━ほかのファイナリストの中で意識しているコンビは?

小野 キュウは一緒にライブもやっているので、2組で決勝に上がれたのはうれしいです。僕ら2人ともキュウのネタが好きで。

野澤 キュウとは面白いと思うことが似てるんです。

━━敗者復活で勝ち上がってきたら脅威になると感じるコンビは?

小野 全組怖いですが、やっぱりオズワルドですね。あと、大好きなダンビラムーチョ。発表の後、ダンビラが「マジがんばってほしい」と言ってくれて泣いちゃいました。一緒に決勝でネタができたらうれしいです。

野澤 特に僕は、ダンビラムーチョの大原とルームシェアしているくらいなので。

小野 仲が良い芸人が多くて。敵というより友達みたいな。でも“脅威”と言われると、やはりオズワルドで。

━━優勝賞金1000万円の使い道は?

小野 なんだろうな~引っ越しですかね。

野澤 リアルだな(笑)。僕はマンガやDVDを大人買い。「HUNTER×HUNTER」がめっちゃ好きなので、単行本、DVD、フィギュアや原画とかを全部買いたいです。

━━決勝出場にあたって楽しみにしていること、期待していること

野澤 僕は松本人志さんが大好きで、小学生のころから憧れの人なので、松本さんにネタを見てもらえるのが楽しみです。

小野 僕は小学生のころから憧れていた上戸彩さんに会えるのが楽しみです。上戸さんが出ていたドラマ「エースをねらえ」を見てテニスを始めたみたいなところもありますし。

野澤 俺も上戸彩さんの写真集持ってたよ。

小野 俺だってCD持ってたし! それを伝えられたらうれしいですね。

━━最後に・・・M-1グランプリ・決勝へ向けた意気込みを一言で!

小野 マヂカルラブリーさんが大好きで、お世話にもなっているので、これまでずっと「決勝で一度最下位をとって、3年後に優勝する“マヂカルラブリーパターン”を狙います」と言い続けてきたんですが、やっぱりやめて普通に優勝します。一発で決めます!

野澤 “ミルクボーイパターン”でね。“霜降り明星パターン”もか。

小野 マヂラブさん、すみません!

ハフポスト日本版を運営するバズフィードジャパンと朝日放送テレビ(ABCテレビ)は資本関係にあり、この記事は共同企画です。

ホームページへ