日本レコード大賞、2022年の受賞者と曲は? 氷川きよしさん、SEVENTEENら出演【一覧】

毎年恒例の「レコ大」、2022年の候補は? 優秀作品賞にSEKAI NO OWARIら10アーティスト。最優秀歌唱賞は三浦大知さん。
|
『第64回 輝く!日本レコード大賞』司会の安住紳一郎アナウンサー(左)と有村架純さん
『第64回 輝く!日本レコード大賞』司会の安住紳一郎アナウンサー(左)と有村架純さん
ⒸTBS

こちらも読みたい>>氷川きよしさん、紅と白の枠を超えてNHK紅白歌合戦に出場へ。「特別企画」で一人の人間として歌う

年末恒例の「第64回 輝く!日本レコード大賞」(TBS系)が12月30日午後5時30分から10時まで生放送される。

優秀作品賞と特別賞を受賞したAdoは『新時代』『逆光』『私は最強』の3曲をスペシャルMVメドレーで披露。特別国際音楽賞を受賞したSEVENTEENは新国立劇場のステージから渾身のパフォーマンスを披露する予定。

日本レコード大賞の候補となる優秀作品賞、最優秀新人賞の候補となる新人賞など、各賞受賞者と曲は以下の通り。(各部門、50音順、敬称略)

■優秀作品賞

純烈「君を奪い去りたい」

NiziU「CLAP CLAP」

wacci「恋だろ」

氷川きよし「甲州路」

Ado「新時代」

Da-iCE「スターマイン」

Mrs. GREEN APPLE「ダンスホール」

マカロニえんぴつ「なんでもないよ、」

BE:FIRST「Bye-Good-Bye」

SEKAI NO OWARI「Habit」

■新人賞

石川 花

OCHA NORMA

田中あいみ

Tani Yuuki

■最優秀歌唱賞

三浦大知

■特別賞

Ado

Aimer

男闘呼組

King Gnu

Kep1er

DA PUMP

ゆず

■特別顕彰

石川さゆり

天童よしみ

松任谷由実

■特別国際音楽賞

SEVENTEEN

■日本作曲家協会選奨

藤井香愛

■特別功労賞

新井満

彩木雅夫

西郷輝彦

佐々木新一

新川二朗

松平直樹

笠浩二 (C―C―B)

ホームページへ