「乱交は塩にちょっと似ている」僕は彼女と乱交パーティーに行っていた【セックス・ダイアリー】

現在29歳の独身男性。彼女と別れた今も、乱交パーティーへ行っている事をオープンに語る。
|
Huffpost UK
Huffpost UK
Huffpost UK

僕は当時の彼女とスウィンギング(乱交パーティ)にのめり込んだ。

もう1人女性を誘って3Pをしてみよう、という会話から始まり、その後、それを実行して行為を楽しむと、次はそのお返しとして男性に参加してもらった。

その時初めて、僕たちは「正式」な乱交パーティに参加しようと決めた。

初めはどうやって人を探したらいいか検討もつかなかった。それは2017年末のことで、僕らはどうして良いかわからなかった。Google?出会い系サイト?それとも夜遊びに出かけて誰かに出会えばいいのだろうか?

結局、友達がイベントを勧めてくれた。一晩だけでなく、週末に渡って開かれたイベントには約50人いて、シングルの女性が10人、シングルの男性が10人、残りはカップルだった。主催者が借りた2軒の家で開催されたそのイベントは、ホームパーティのような感じだが、みんなもっと開放的だった。

主催者はとても明確に、何かをしなくちゃいけないというプレッシャーはない、と言った。僕と彼女はかなり緊張していて、まずは感じを掴もうと、最初はただ観察した。

ルールは2つ。コンドームと同意。参加者全員にとって最も大事なことだ。

何かを始めるには、まずアイコンタクト、それから近づいて話をし、自己紹介をする。他のどんなパーティにでもあるようなつまらない雑談はあるが、イチャつく事に関しては直接的でなければいけない。誰かとセックスしたいなら、率直に尋ねなければいけない。明確な同意が鍵だ。

2日目の夜、僕と彼女は見た目が好みな人たちを見つけ、彼らと一緒に個室に行った。(乱交イベントには共同のプレイルームがあるが、そこに居なくても良い)その後、1組の人たちとのプレーが終わると、また好きなだけ他の人たちと同じ事を繰り返すことができる。

乱交に対して僕は全く偏見がない。僕の両親も知っていて、友達に話をして楽しんでいるようだ(私の父はそれがアイスブレイクにとても良いと言い、母は、みんながそれにどう反応するのか見るのが好きだと言っている)。

乱交の意味は広域にわたる。「乱交する」というのは「セックスする」と言うのと同じくらい意味が広い。つまりは、淡白な正常位のセックスからAV顔負けのセックスに至るまでを意味する。

何もしなかったけど楽しめたパーティーもあった。だいたいは、行けば食べ物と飲み物、ビュッフェだったり、何かおつまみが用意されている。お酒は自分で持参するように指示される場合もある。

前もって送られてくる招待状には、それぞれのパーティーでのエチケットやルールが記載されている。主催者によって、全体的なパーティーでの体験は良かったり悪かったりする。

服装規定がある事も珍しくない。最近行ったパーティーでは、僕は『トイストーリー』のウッディに扮して、ジャケットとカウボーイハットを身につけた。ランジェリー・ナイトや、「プレイボーイ」がテーマの時もあった。80年代ナイトもあった。必ずしもセクシーでいるというより、楽しむ事がメインだが、もちろんセックスはいつでもアリだ。

僕と彼女は2年間付き合っていたが、8カ月ほど前に破局した。乱交パーティーが原因ではない。むしろ、それは私たちの関係で1番良かったことの1つだった。オープンでコミニュケーションがしっかり取れている関係が必ず必要となるため、パートナーへの信頼が厚くなければ、乱交はおすすめしない。

現在、僕はシングルで、だいたい数カ月に1回程度イベントに行き、その間には、よくある出会い系サイトで画面をスワイプしながら相手を探してる。

同じく乱交をする人がある時言った。「乱交は塩にちょっと似ている。少しだけ加えれば料理をものすごく美味しくするが、加えすぎると料理が台無しになってしまう」。全くその通りだ。

ーー

セックス・ダイアリーは、ハフポストUK版に読者から無記名で寄せられたセックスに関するストーリー。ハフポストUK版に掲載されたものを、翻訳・編集しています。様々なセックスにまつわるストーリーを通じて、性にまつわる喜びや悩みをオープンに語り合おうという2019年の企画です。

※日本では乱交パーティは公然わいせつ罪などに問われる可能性があります。内容を推奨するものではありません。(日本版編集部より)

ホームページへ
訂正の連絡はこちら