東京都心などで積雪の予報。一体いつから?関東の平野部でも一時的に雪に

10日は関東の広い範囲で朝から雪の降る所が多く、昼頃にかけて平野部でも積雪が予想されます。
天気図と天気分布
天気図と天気分布
ウェザーニュース

明日10日(金)は関東の広い範囲で朝から雪の降る所が多く、昼頃にかけて平野部でも積雪が予想されます。午後は沿岸部から雨に変わるものの、関東西部や北部の山沿い、甲信地方、東北南部などは雪が続くため、大雪に警戒が必要です。

西日本の山沿いも朝は雪に

10日(金)朝、低気圧が九州の西に進んできます。それとは別に東海地方の沖にシアーライン(風の流れが変化する境界線)が形成され、西日本から東日本の広範囲が雨雲・雪雲に覆われる見込みです。

西日本は中国山地や四国山地で降り始めが雪になる所があるものの、低気圧に向かって暖かな空気が流れ込むため、すぐに雨へと変わります。

関東は今日9日(木)に流れ込んできた、雪の目安となる上空1500m付近で-3℃以下の寒気が残るため、東京都心を含む広い範囲で降り始めは雪になる予想です。朝は弱い雪で、すぐに雪が積もるようなことはないとみられます。

関東平野部で一時的に積雪の可能性

10日(金)昼過ぎの天気分布予想
10日(金)昼過ぎの天気分布予想
ウェザーニュース

昼頃からは低気圧の東進に伴って、関東甲信から東北の広い範囲で降水が強まる見通しです。次第に暖かな空気が入って沿岸部から雨の範囲が拡大する一方で、雪が続く所では積もりはじめるとみられます。

東京23区など関東南部の平野部でも土や芝生、屋根の上などが白くなる時間帯がある予想です。

夕方にかけてさらに暖かな空気が流入し、みぞれや雨の範囲が広がるため、一旦雪が積もっても溶ける所が多いとみています。雪が降り続く関東甲信の山沿いでは雪が勢いを増して、積雪が急増する所がある見込みです。

関東甲信の山沿いや東北南部で大雪のおそれ

10日(金)朝から24時間の積雪予想
10日(金)朝から24時間の積雪予想
ウェザーニュース

最も積雪が増加する予想なのは甲信地方の山沿いで、30cmを超える所がある見込みです。関東北部の山沿いや東北南部の内陸部なども20cm前後のまとまった雪が予想されます。

積雪の増加や、着雪による倒竹・倒木などによって鉄道の運行に遅れや見合わせなどが生じたり、車での移動には冬用タイヤやチェーンが必要になることが想定されます。大雪への備えは早めに行い、10日(金)の午後は出来るだけ移動を避けるようにしてください。

東京23区など関東南部の平野部でも雨に変わるまでに土や芝生の上に雪が積もるとみられ、気温が低めで経過した場合は一時的に道路が白くなる可能性もある状況です。南岸低気圧の雪は、気温の条件や降水の強さなどの少しの変化によって、影響が大きく変わることがありますので、必ず最新の情報をご確認ください。

【関連記事】