機内で補助犬の荒い鼻息とおならに閉口したと主張し、大手航空会社にチケット代返金求める

欧州からニュージーランドに帰国するため、パリからシンガポール航空の飛行機に乗った夫婦の主張です
イメージ写真
イメージ写真
Constantine Johnny via Getty Images

フランス・パリからシンガポールへのフライトで、隣の乗客が連れていた補助犬の鼻息が荒く、オナラの臭いや唾液に悩まされたとして、ニュージーランドの夫婦がシンガポール航空に航空券代の返金を求めている。

ニュージーランドの大手メディアStuffインディペンデントなどが報じている。

Stuffによると、夫婦は欧州からニュージーランドに帰国するため、6月にパリから乗り継ぎ地のシンガポールへの長距離便に搭乗した。飛行時間は13時間で、プレミアムエコノミーシートを予約していた。

搭乗すると、隣の席の乗客が補助犬を連れていることがわかった。夫婦は、この乗客が犬を機内に同乗させていることについて「不安な気持ちで緊張してしまうため」と別の乗客に説明しているところを耳にしたという。

補助犬というと盲導犬、介助犬、聴導犬が知られているが、日本補助犬情報センターのウェブサイトには、海外には精神疾患のある人を情緒面でサポートする「エモーショナルサポートドッグ」や、てんかんや低血糖症による発作を知らせる「アラートドッグ」もいると紹介されている。

夫婦は、乗客が連れていた補助犬の鼻息が荒く、さらに夫のスペースまではみ出して夫の足によだれがかかったと主張。行程を半分ほど過ぎたところで、おならの臭いにも悩まされ始めたという。

夫婦が客室乗務員に不快な思いをしていると伝えると、エコノミークラスの最後列の席なら空いていると言われた。その後、改めて客室乗務員と話すと、乗務員用に確保してあったエコノミーキャビンの前方の座席を提供できると言われたという。

客室乗務員は今回の事案について会社に報告し、打ち返しがあると説明。しかし、1週間経っても連絡がなかったため、夫婦は航空会社に苦情メールを送った。

すると、謝罪の返信があり、2人にシンガポール航空のオンラインショップで使えるギフト券を計200シンガポールドル(約2万1000円)提供された。

プレミアムエコノミーからエコノミークラスに移動した差額に満たないことなど、航空会社の対応への不満から、最終的にはチケット代の全額返金を求めることにしたという。 

インディペンデントによると、シンガポール航空は補助犬の隣に座る乗客には前もって伝えるよう努めており、今回の事案が起きたことについて謝罪している。

補助犬の隣の乗客が席の移動を希望した際には、状況が許せば同じクラス内で別の席への案内を行うという。

注目記事