「荒ぶるアザラシ」カメラへの猛アピールが、まるで「練習初日のチューチュートレイン」みたい

北海道・稚内市にある「ノシャップ寒流水族館」では、アザラシたちの一風変わった姿が見られるようです。

バシャバシャと大きな音を立て、水しぶきを上げながら次々と水面から身を乗り出すアザラシたちの動画が3月10日、Xに投稿され「これ笑う」などと話題になっています。

動画を投稿したのは、北方空撮(@hoppou_kuusatsu)さん。笑っている絵文字と「アザラー」「アザ活」「ノシャップ寒流水族館」というハッシュタグと一緒に、水面に勢いよく飛び出すアザラシたちの動画を紹介。この投稿は1.4万回以上「いいね!」され、大きな反響を呼びました。

別の投稿では、アシスタントのカメラマン(@hoppouassistant)が別のアングルから撮影した動画を添えて「やはりアザラシたちはカメラマンに何らかのアピールをしているようです笑」と紹介しています。

北方空撮さんは、「アザラシはなぜこのような動きをしていると思われますか」というハフポストの取材に「理由は分かりませんが、稚内の『ノシャップ寒流水族館』のアザラシたちは【荒ぶるアザラシ】としてアザラーたち(アザラシ好きの人たち)に有名なようです」と話します。

撮影時の状況をこう振り返ります。

「当方も30分程滞在していましたが、トータルで3度ほど突然バシャバシャやっていました」

「別に、餌やりしたり音を立てて反応を引き出したりした訳でもなく、1頭がバシャッと動くと突然全員同じ動きをする感じです」

続けて「動画を撮っている時に私のほうを覗き込んだりしている個体もいますので、カメラマンを意識していたのは間違いないかと思います」と明かします。 

投稿には「みんな元気いっぱい!笑」「なんかとっても喜んでるみたいに見えます」「これ笑う なにこれ」「練習初日のチューチュートレイン感」という反応が寄せられました。 

北方空撮さんは、寄せられた反響に対して「全国には熱心なアザラーさんたちがいらっしゃるので、動画を見て喜んでいただけると嬉しいです。ノシャップ寒流水族館はコンパクトながら楽しい水族館ですので、ぜひ各地の皆さんにも足を運んでいただきたいです!」とコメントしています。

注目記事