暑い車内、温度を下げる「ドアバンバン」とは?運転前にすべき2つのこと

車内の温度を効率的に下げる方法があります。

5月に入り、気温が高くなる日も出てきました。車に乗り込んだ際、車内がとてつも暑くなっていることもありますよね。

そんな時、効率的に車内の空気を逃す方法があります。自動車メーカーの日産(横浜市)が過去に発信していました。

乗る前に「ドアバンバン」

日産によると、車内の暑い空気を逃すには、次の2つの手順を踏む必要があります。

①助手席後ろの窓を開ける

②運転席のドアを5回開閉する

これをすることで空気の通り道ができるため、ドアを開閉するだけで車内の温度を下げられるといいます。実際、日産が試したところ、車内の温度が8度ほど下がったそうです。

同社は「乗る前に『ドアバンバン』」と呼びかけていました。車に乗る際、実践してみてはいかがでしょうか。